新時代のスバル2ドアクーペはBEVでも「安全+愉しさ」で意のままの走り!? 未来のスバルフラッグシップスポーツはSUV風味でスバルらしさ全開!!

新時代のスバル2ドアクーペはBEVでも「安全+愉しさ」で意のままの走り!? 未来のスバルフラッグシップスポーツはSUV風味でスバルらしさ全開!!

 スバルは2023年10月25日、ジャパンモビリティショー2023で2台のコンセプトモデルをワールドプレミアした。「空」と「陸」の両方で自由に移動できることを具現化し、スバルらしさを体現したモデルの詳細とは?

文、写真/ベストカーWeb編集部

■スバルの航空機屋としての血が色濃く流れる2台のコンセプト

プレスカンファレンスで登壇したスバルの大崎篤社長と「SUBARU SPORT MOBILITY Concept」
プレスカンファレンスで登壇したスバルの大崎篤社長と「SUBARU SPORT MOBILITY Concept」

 これがまさに新時代のスバルスポーツの姿だ。2023年10月25日、「SUBARU SPORT MOBILITY Concept」がベールを脱いだ。

 スバルの大崎篤社長はプレスカンファレンスで「スバルの未来を示す2台のコンセプトをお見せします。電動化時代でも日常から非日常まで意のままに運転し、いつでもどこへでも自由に移動できる愉しさを表現。安心できるからこそワクワクできる新しいバッテリーEVのコンセプトモデルです」と声高々にスピーチ。

 公開されたSUBARU SPORT MOBILITY Conceptのボディサイズは全長4433×全幅2090×全高1459mm。ワイド&ローのクーペボディで、全高こそやや高めなものの、典型的なロングノーズ、ショートデッキのクーペスタイル。前後フェンダーには現行型WRX S4が採用しているクロスオーバーSUVのような「クラッディング」を装着している。

SUBARU AIR MOBILITY Concept(上)とSUBARU SPORT MOBILITY Concept(下)
SUBARU AIR MOBILITY Concept(上)とSUBARU SPORT MOBILITY Concept(下)

 また、続いて登場したのが「SUBARU AIR MOBILITY Concept」。大崎社長のスピーチ中に、檀上を左右に分かれたステージ奥から突如としてSPORT MOBILITY Conceptの上方に登場する演出は実に迫力のあるものだった。

 こちらは今回、従来の東京モーターショーから名称をジャパンモビリティショーに変更したのに合わせ、スバルが出した回答だと言える。つまり、飛行機屋としてのDNAを脈々と受け継いでいるスバルから「空」と「陸」のコンセプトモデルを出した形になるワケだ。

 全長6m、全幅4.5mほどになるこちらのコンセプトは、すでに航空宇宙と自動車のエンジニアが飛行実証実験に入っているという。まさに「空飛ぶクルマ」としての登場に今後の期待も高まってくるというもの。

次ページは : ■水平対向+シンメトリカルAWDに代わるフラッグシップの誕生か?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します