ヤマハが提唱する「鍛錬の娯楽化」って!? 3輪オープンBEV「トライセラ」から見えた楽器とモビリティの融合

■クルマとは違うヤマハならではの心地よさ

操縦の楽しさを追求したトライセラ。ヤマハの思想が詰まった1台に仕上がっている
操縦の楽しさを追求したトライセラ。ヤマハの思想が詰まった1台に仕上がっている

 最後に竹野氏は次のように語ってくれた。

「クルマのような快適はないけども快感はある。トライセラの操縦席にはあえて屋根も窓もドアもつけていません。ヤマハはオートバイを作っている会社なので、風を全身で感じることが、走る楽しみの大きな一つでもあり、ヤマハとしては意地でも守るところです。」

 こうしたヤマハの思想は、今後も守り続けてほしい。

 ちなみにトライセラは、スイッチを入れるとフロントのスクリーンが出てきて、電動ファンが回りエアカーテンを作り出し、直接操縦者の顔に風が当たらないようになっているという。

 ただ、そうまでしてもフロントウィンドウは付けない。クルマのような快適性とは違う、ヤマハならではの切り口「操縦の楽しさ」をどこまで追求できるのか。新たな探求は既に始まっているのだ。

ヤマハ発動機の製品だけでなく、「ヤマハ株式会社」の楽器も展示。ヤマハブランド全体でブースを盛り上げていた
ヤマハ発動機の製品だけでなく、「ヤマハ株式会社」の楽器も展示。ヤマハブランド全体でブースを盛り上げていた

 ブース内には電動バイクのほかにも、グランドピアノやギター、ドラムセットにチェロといった多数の楽器も展示されていた。美しい音色を奏でる木材加工の技術や音へのこだわりは、今後もヤマハ全体に引き継がれていくのだろう。

 気持ちの盛り上がりを各所で感じられたジャパンモビリティショーのヤマハブース。まさに、「生きる」を感じ、生きていることで感じられる喜びを噛みしめられる場所になっていた。

【画像ギャラリー】ヤマハが提唱する「鍛錬の娯楽化」って!? 3輪モビリティ「トライセラ」から見えたモビリティと楽器の融合(11枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!