選ばれし名門ポルシェは911にあらず!! 『MFゴースト』名車列伝09 718ケイマン 編

選ばれし名門ポルシェは911にあらず!! 『MFゴースト』名車列伝09 718ケイマン 編

 伝説のクルママンガ『頭文字D』の意思を現代に受け継ぐ次世代のクルママンガ、『MFゴースト』。2017年の連載開始時から圧倒的な読者人気を獲得しており、12巻発売時点の現在で、ついに単行本累計発行部数320万部を突破した。

 同作品に登場したクルマたちの世界観と魅力を読み解いていく本連載。第9回となる今回は、第1回に続いてポルシェから、718ケイマンを紹介する。若くして王者の風格を持つベッケンバウアーがこのモデルを選んだ理由とは!?

文/安藤修也
マンガ/しげの秀一

【画像 ギャラリー】名車の実車を写真で見る! ポルシェ 718ケイマン 編(12枚)画像ギャラリー

■「911」との関係、「718」の由来とは?

 「ポルシェ」というブランドは、フォルクスワーゲンの開発者であったフェルディナント・ポルシェ博士とその息子が生み出し、創業した。ポルシェ356から続くスポーツモデルの血脈をしっかり受け継いでおり、「ポルシェの歴史はスポーツカーの歴史」と言っても過言ではないほどで、現代においてその代名詞となっているのが「911」であることは言うまでもない。

 一方、ポルシェ内においては亜流とも言えるのが、1996年に登場した「ボクスター」の系譜である。このボクスターは本格的な走行性能を備えた軽量オープンスポーツで、またたく間に人気となったヒットモデルだが、2代目の時代に派生車として誕生したのが、ルーフを備え付けたクーペ版ボクスターとなる「ケイマン」だ。

ポルシェ 718ケイマン(GTS・7速PDK)/全長4385×全幅1800×全高1285mm、パワーユニット:2.5L 水平対向4気筒ターボエンジン、最高出力:365ps/6500rpm、最大トルク:430Nm/900-5000rpm
ポルシェ 718ケイマン(GTS・7速PDK)/全長4385×全幅1800×全高1285mm、パワーユニット:2.5L 水平対向4気筒ターボエンジン、最高出力:365ps/6500rpm、最大トルク:430Nm/900-5000rpm

 ただし、この「ボクスター/ケイマン」シリーズには、エンジンをボディの中央に近い位置に搭載するミッドシップレイアウトが採用されており、扱いやすいボディサイズで、しかも2シーターモデルとなっている。ある意味、2+2シートの911より走ることに特化した設計となっており、スポーツカーとしての素性は911より優れていると言う人さえ存在する。

 コンパクトスポーツのベンチマーク的存在として、すでに15年以上、3代に渡って販売されてきたケイマンだが、2016年に登場した現行型、つまり3代目モデルでは車名に「718」が付けられ、「718ケイマン」となった。この数字は、19 50~1960年代に活躍した同ブランドのレジェンドレーシングカーの名称にちなんでいるという。

次ページは : ■操るのはドイツ人の最強ドライバー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ