高橋啓介が送り出したとっておきの一撃! 『MFゴースト』を彩る人物列伝08 諸星瀬名 編


 伝説のクルママンガ『頭文字D』の意思を現代に受け継ぐ新世代のクルママンガ、『MFゴースト』。2017年の連載開始時から圧倒的な読者人気を獲得しており、最新刊である14巻発売時点で、単行本累計発行部数350万部を突破。さらに2023年にはTVアニメ化が決定、すでに特報PVなども公開されている。

 当連載では、同作品内で繰り広げられる『MFG』で活躍するドライバーや、主人公・片桐夏向の周囲を取り巻く人々など、魅力あふれる登場人物たちの人となりを分析し、そのキャラクターや人物像を明らかにしていく。

 8回目となる今回は、ついに登場した高橋啓介の意思を継ぐ公道出身レーサー、諸星瀬名を取り上げる。群馬県渋川を出自とする瀬名の「群馬プライド」を継承する走りとは?

文/安藤修也
マンガ/しげの秀一

【画像 ギャラリー】諸星瀬名がステアリングを握る・トヨタGRスープラを写真で見る!(7枚)画像ギャラリー

■期待を高めてセンセーショナルに登場

 それは『頭文字D』屈指の人気キャラクター、高橋啓介のフリからはじまった。初めて彼について作中で言及されたのは、ラウンド2「芦ノ湖GT」の決勝レース中、主人公である片桐夏向が華麗なドリフトでアウディR8をオーバーテイクしたあと、それをライブで見ていた啓介が、公道最速理論に触れ、「こっちもくり出すけどな……とっておきの一撃を」と語ったシーンである。

 そしてこの「芦ノ湖GT」終了後、啓介は兄の高橋涼介に電話をかけて、「次から出場させるぜ……」と発言。MFGでの夏向の活躍に対して、誰かを対抗馬としてエントリーさせる意思、そしてその名前が明かされる。「瀬名のMFGデビューだ」と。さらに、その場にいたケンタ(中村賢太)との会話のなかで、「瀬名」は啓介が育成しているドライバーであること、公道最速理論に精通していることなどがわかってくる。

 まず読者は、片桐夏向は伝説の「プロジェクトD」の後継者ではなかったという事実に衝撃を受ける。そもそもプロジェクトDは高橋涼介が仕掛けたタスクであり、藤原拓海の弟子(つまり夏向)ではあっても高橋兄弟の意思を直接継いでいるわけではないのだ。さらに、MFGのレベルが熟成するまでエントリーしなかったという高橋兄弟の心づもりも、「瀬名」の実力をはかるうえで気になる含みであった。

 そして初登場したのは、ラウンド3開始前、突如、本人が緒方のガレージを訪れるシーンだった。MFGの小田原事務局へエントリーをしに行った帰りに、夏向に挨拶をしにきたという。連載当時のリアルワールドで登場してまだ1年も経っていないGRスープラで乗りつけたというのもまた、センセーショナルであった。

■伝説のレーサーの名は伊達じゃない?

 髪型は、前髪を立てた短髪でトップのほうだけ明るく染めている。若干クセがあるようなので天然パーマかもしれない。眉毛は濃いめで、瞳が大きく、なにかを悟ったような安定感のある表情をしている。そして最も印象的な顔の特徴が、額のホクロだ。人相学的にも額の真ん中にホクロがある人は強運の持ち主だそうで、そういった部分を感じさせる顔つきでもある。

 夏向に対して「オレは君よりふたつ年上」と言っているので、年齢は21歳。黒の長袖Tシャツに短パンとラフなファッションだが、「突然、失礼します」と礼儀正しい一面もみせている。またこのシーンでは、夏向が「瀬名っていい名前です」と心のなかで呟いているが、いうまでもなくこの名前の由来となったのは、伝説の天才F1レーサー故アイルトン・セナに違いない。

 あとになってわかるが、瀬名の愛車であるGRスープラのボディカラーはイエロー。このカラーは、かつて師匠の高橋啓介が愛車RX-7(FD3S型)に施していたのと同じものだという。これだけ下ごしらえされたキャラクターが雑魚キャラであるはずがなく、出会って挨拶しただけの夏向も、「彼は速いドライバーです。本当に手強いライバルになる気がします」と予言めいたことを言っている。

次ページは : ■群馬プライドを継承することの意味

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ