年収いくらあればアルファードが楽勝で買えるのか? 年収とローンの意外と複雑な関係


 トヨタの高級ミニバン「アルファード」。2002年から発売が開始され2度のフルモデルチェンジを経て、現在販売されているのは2015年に発売された3代目。購買者のターゲットはワンランク上のミニバンを求めるファミリー層だ。広い室内に快適なシートを備えることから、アルファードは経営者の社用車や政治家の公用車としても活躍している。

 都内のディーラーで話を聞いてみると、ユーザーの年齢層は30代から50代が全体の80%を占め、その中でも40代が30~40%程度を占めるというから、中高年で年収700~800万円程度の比較的所得が高いファミリー層が中心であることが推定できるだろう。

 しかしその人気はファミリー層にとどまらない。独身の若者の間でも高い人気を誇り、高級ミニバンの人気ランキングではたえずトップを続けている。

 では平均年収中央値が約300万円といわれている20代の若者たちが「アルファード」を購入することができるのか。ネット検索をすると「年収を超えるローンは組めない」、「年収300万円でアルファードを購入するのはほとんど難しい」と書かれているのを散見する。本当にそうなのか。

文/松崎隆司(経済ジャーナリスト)
写真/TOYOTA、AdobeStock、ベストカーWeb編集部

【画像ギャラリー】もうすぐ現行型最後の小変更が実施されるアルファードと新型アルファード(予想CG)(11枚)画像ギャラリー

■ローンを組む際に調べる項目は…

「アルファード」を扱うトヨタ系列のディーラーに話を聞いてみると、意外にも次のような答えが返ってきた。

「私たちは、クルマを購入していただく場合には年収がいくらであるかといったことは、商談の段階では聞きません。年収がいくら以上でなければ購入できないという考え方ではないのです。むしろローンを組む場合は、分割払いの期間(1年(3回)から8年(96回))によって月々の支払いがいくらになるのかを伝え、それを支払うことに納得していただけるかどうかということが大切なのです」(トヨタ系列販売店担当者)

令和の「成功の象徴」となりつつあるアルファード。2021年1~12月の年間累計販売台数は95,049台で、登録車ランキング第4位となった(1位はヤリス、2位ルーミー、3位カローラ)

 ここでトヨタのディーラーローンとはどのようなものなのかを簡単に説明しておこう。

 顧客がディーラーに自動車ローンの申し込みをすると、ディーラーは申請書に必要事項を書き込んでもらい、それをファイナンス会社に送付して信用調査を依頼し、融資が可能だと判断されれば自動車ローンの承認を行うことになる。その期間は1日程度だという。

「審査の際に提出するのはクレジットカードを作る時のような個人情報が提出されることになります」(同)

 では提出された個人情報を元にファイナンス会社はどのような審査を行うのだろうか。

 提出される個人情報には顧客の属性(年齢・年収・勤務先・勤続年数・居住状況・家族構成等)だ。そしてファイナンス会社は統計的モデルに基づく個人や企業の信用度を点数化するスコアリングシステムを活用して与信審査を行う。

 具体的には顧客の属性や個人の借り入れ状況や金融事故などのデータが蓄積される信用情報機関の情報を解析し判断するという。そのため金融関係者も年収の多さではなく、「安定してローンを払い続けることができるかどうかが与信審査を行ううえで重要なカギになる」(ファイナンス会社幹部)という。

「安定してローンを払い続けるには、年収がいくらあるのかというよりも、収入が安定しているのか、他社への弁済状況に問題がないのか、複数の金融機関から借り入れをおこなっていないか、過去に延滞やトラブルなどがないのか、といった点が重要視されます」(同)

次ページは : ■借りられる金額は法律で上限が決まっている

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ