【ダイハツ ロッキー&トヨタ ライズ発表!!】トヨタとダイハツ版で顔が違う! これは売れるぞ!!


 東京モーターショーのダイハツブースに「間もなく発売される新型コンパクトSUV」として飾られた出展車が、東京モーターショー閉幕直後の11月5日、ダイハツ『ロッキー』&トヨタ『ライズ』の車名で発売された。

 OEM車として供給されるライズは、ロッキーとの差別化を図るため、フロントグリル&バンパーデザインが異なっている。

 当記事ではロッキー&ライズを詳細に解説するとともに、ライバル車との比較もお伝えしていきたい。

文/永田恵一
写真/DAIHATSU、TOYOTA、編集部

【画像ギャラリー】ダイハツ ロッキー&トヨタ ライズの詳細をチェック!!


■待望のコンパクトSUV、その概要

 2017年の東京モーターショーに『DNトレック』の車名で出展されたコンセプトカーの市販版となるロッキー&ライズは、ボディサイズが5ナンバーとなる全長3995×全幅1695×全高1620mmということもあり、日本では唯一となる本当の意味での乗用車ベースのコンパクトSUVである。

2017年の東京モーターショーに出展されていた『DNトレック』

 開発はダイハツ ブーン&トヨタ パッソ、ダイハツ トール&トヨタ タンク&ルーミー&スバル ジャスティと同様に生産も含めダイハツ主導で行われ、トヨタにも供給される。

 なお『ロッキー』という車名は、ダイハツが1990年にスズキの初代エスクードに対抗する、コンパクトクロカンSUVとしてリリースしたモデルにも使われたことがあり、マニアックなクルマ好きであれば懐かしさを感じるかもしれない。

 クルマの土台となるプラットホームなどは、2019年7月に登場した軽スーパーハイトワゴンの元祖で四代目モデルとなる現行『タント』に続く「DNGA(ダイハツニューグローバルアーティテクチャー)コンセプト」で開発された。

 タントを含めると第二弾、トヨタブランドでは初となるライズが初となるDNGAコンセプトはダイハツの軽自動車、ブーン&パッソとトール四兄弟の該当するAセグメント、今回のロッキー&ライズが属するBセグメントまで共通の設計思想を持つ。

 その共通の設計思想は簡単に言えば、「いいクルマを廉価に提供する」という実にダイハツらしいものである。

■エクステリア

 スタイルはロッキー、ライズともにオーソドックスなSUVといったところで、ボディ下部やフェンダーの樹脂部分を持つ点でもSUVらしさを感じさせる。ロッキー、ライズのエクステリアの違いはフロントマスクで(リアビューはほぼ共通)、ロッキーは六角形に近いフロントグリルが目立ち、ライズはミニRAV4という印象だ。

 ボディカラーは、ロッキーにダイハツ初の小型車として1963年に登場したコンパーノに由来する「コンパーノレッド」、ライズに「ターコイズブルーマイカメタリック」という専用色を含め8色と豊富で、それぞれ最上級グレードにはルーフがブラックとなるツートンカラー3色も設定される。

ダイハツ ロッキー(ボディカラー:コンパーノレッド)
トヨタ ライズ(ボディカラー:ターコイズブルーマイカメタリック)

次ページは : ■インテリア

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ