「シビック Si」高性能グレードをLAショーにて初公開

 ロサンゼルス自動車ショーでシビックシリーズの高性能スポーティモデル「シビック Si プロトタイプ」が世界初公開された。

 2017年に発売予定の「シビック クーペ Si」「シビック セダン Si」のデザインの方向性を示したものという。

 文:WEBベストカー編集部


迫力のデザインをまとったスポーティなシビック

 公開された「シビックSi プロトタイプ」は、シビッククーペをベースに、エアロパーツなどを使い内外装をスポーティに仕立て上げてある。

 大型のリアスポイラーや多角形型のセンターマフラー、19インチハイパフォーマンスタイヤを装着するなど、刺激的な走りを予感させるデザインになっている。

 エンジンは1.5LのVTEC直噴ターボを搭載、これに6速MTが組み合わされる。エンジンスペックは公表されていないが、ベースエンジンの最高出力174hp、最大トルク22.4kgmを上回るのは確実だろう。

 また足回りには、アクティブダンパーやアクティブステアリングシステム、LSDなどを装備し、スポーティーな運動性能を強化している。

 残念ながら日本への導入予定は未定だ。

大型のリアウィングや多角形型のセンターマフラーなどがいっそう走りの予感を高める
大型のリアウィングや多角形型のセンターマフラーなどがいっそう走りの予感を高める
ミッションにはショートストロークの6MTが組み合わされる
ミッションにはショートストロークの6MTが組み合わされる

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ