トヨタC-HR発売直前! もう競技車両が登場しちゃった!?

ハイブリッドのクロスオーバー。ベストカー本誌では「プリウスベースのクロスオーバー」として注目を集めていたC-HRのデビューが間近に迫ってきた。そして先日愛知県で行われた新城ラリーでなんとモリゾウ選手(豊田章男社長)が競技仕様のC-HRをドライブした。ベストカーに先駆けてその様子を少しお見せしよう。
文:WEBベストカー編集部/写真:池之平昌信(C-HR写真)、西尾タクト(新城ラリー関連写真)


このスタイリング、ただものじゃない

C-HRのパワートレインはプリウスでおなじみの1.8Lハイブリッド、そしてオーリスと同じ1.2Lのダウンサイジングターボの2本立てだ。さらに特筆すべきはそのエクステリア。なんだかトヨタらしからぬ雰囲気で、楽しそうな予感が満ちあふれている。

ike_5102_01

随所にクルマとしてのこだわりが見られるが、もっともわかりやすいもののひとつがエンジンルームではないだろうか。ハイブリッドカーのエンジンルームといえばすべて樹脂カバーで覆われているのが普通。おもしろみのない、単調なイメージしかないがC-HRは少し違う。

ちゃんと配線などがむき出しとなっているのだ。樹脂カバーで覆うほうがノイズなどの観点からしても有利なはずだが、C-HRの場合は大きくエンジンを露出をしている。当然ながらこれは偶然の産物ではなく、エンジンルームの見せ方までトヨタがこだわった結果だろう。こんな遊び心にもどこか魅力を感じてしまうクルマだ(写真はすべてプロトタイプ)。

ike_5064_01

  さっそく競技仕様がデビュー!?

さらに驚くべきことに、先日愛知県で行われた新城ラリーでモリゾウ選手 20161106_tn_001-90が自らハンドルを握り、C-HRの競技車両をお披露目したのだ。しかも欧州仕様の6MTをベースに、フルバケットシート、ロールケージを装備。これは来年からのWRC復帰へ向けての布石か!?

マッドフラップまで装備してすぐにでも全日本ラリーにも出られそうだ。今後C-HRのスポーティモデルが出ることになるのだろうか。

詳しいレポートはベストカー12月26日号(11月26日発売)で掲載予定なので、お見逃しなく!!

20161106_tn_001-117

 

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ