ノートe-POWERでジムカーナ勝負! アクセルだけで操る新体験


 売れに売れて、日産としては約30年ぶりの月間販売台数ナンバーワンを奪取した、日産ノート。

 2016年11月の販売台数は王者アクアを抑えて1位になった。そして、その原動力となっているグレードがe-POWERだ。

 「どうせエコでEVチックな……」と思う方も多いかもしれないが、この記事を読むとe-POWERの見方が変わるかも? 

 大磯で行われた一風変わった試乗会を徹底リポートする。

文:WEBベストカー編集部/写真:西尾タクト


そもそもe-POWERってなに?

 「なんとなく知ってはいるけれど、実はよく理解していない自動車用語ランキング」。そんなランキングの2016年版の上位にノミネートされるのはきっと”e-POWER”だろう。

 しくみは基本的にはEV。しかしそこに発電用のエンジンが搭載されているのだ。混同されがちだがこれはBMW i3とは厳密には異なる。

 i3はEVの緊急時用のバックアップとしてエンジン(レンジエクステンダー)を搭載しており、基本的には充電器からの充電を必要とするからだ。

 いっぽうのノートe-POWERは発電源がエンジンであり、充電を必要としない。そのぶんガソリンの給油が必要で、バッテリー残量に応じて発電用エンジンが発電を行う。このe-POWERのメリットは2つ。

  • ・ライフスタイルをクルマに寄せないで済む
  • ・航続距離の心配が不要

 EVの充電スタンドはここ数年で増加しているが、一般的になったとも言えない状況は続いている。

 自宅への200V設備の工事なども考えると、ライフスタイルをEVに合わせていく必要性があるのは事実だ。

 また航続距離も日産リーフが200kmの走行を行えると仮定しても、200kmごとに30分以上は充電のために足を止めないとならない。

 その30分で高速道路ならほかのクルマは50kmも進んでしまう。時間的に拘束されるのもEVの課題だ。

 この2点を解消する、まさに「EVへの入口」ともいえるのがノートe-POWERだ。

【バッテリーへの充電が必要なとき】
【バッテリーが残量が豊富なとき】     

 イラストのようにエンジンは駆動系には繋がっていない。バッテリーの充電値によってエンジンが稼働し、発電モーターを回す

ノートe-POWER NISMOにも注目したい

 ノートe-POWERで熱いトピックはNISMO仕様の設定。ワークスチューンのNISMOだから簡単なパーツ装着だけではない。

 フロアトンネルの補強などフロアだけで6カ所をチューニング。操縦安定性の向上をしつつも、質感の向上にも寄与している。乗ってみるとスポーツカーライクな”ガッシリ”感が嬉しい。

 エアロも派手さだけでなくスーパーGTからのフィードバックを受けており、ゼロリフトを実現。

 Cd値を悪化させずにダウンフォースを発揮する。タイヤはe-POWER NISMOは横浜ゴムのSドライブを装着し、燃費とハンドリングのバランスを取っているようだ。

外観はルックスが少しアグレッシブになっているが、走り屋仕様というわけでもない。マーケティング担当者によるとNISMOグレードは「他人とは違うもの」を求める顧客層にも人気があり、女性の購入者も多いという
専用ステアリングや赤を差し色にしたインテリアはNISMO専用品だ

次ページは : “ワンペダル”ジムカーナが意味するものとは?

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ