新型スイフト登場!! ターボ登場でスイスポへの期待増大!?


 ヨーロッパで鍛えられてきたスイフトもついに4代目に進化。今回の大きなトピックは新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」の採用だろう。

 ハンドリングなどが高評価だった先代からどれだけの進化を遂げているのか期待がかかる。さらにダウンサイジングターボエンジンの採用、安全装備の拡充なども実施され魅力的な1台となっている。

 文:WEB ベストカー編集部
写真:スズキ


エクステリアは全体的に低重心の仕上がりに

 近年はマツダデミオのような低重心ルックスのコンパクトが盛り上がっている。スイフトも背高なクルマではないものの、従来型では1510mmだった全高が現行型では1500mmにダウン(ともにFFモデル)。

 さらに最低地上高も従来の140mmから120mmに下がるなどかなりスポーティな印象を受ける。

 フェンダーの張り出しがマッシブな印象を与えるが、従来型の緩やかな印象とはイメージが変わり少したくましくなった印象だ。リアドアのハンドルをCピラーに隠すという近年のハッチバックの流行を取り入れ、スイフトのリアドアハンドルも綺麗にデザイン処理されている。

スイフト
スイフト(背面)

パワートレインにはダウンサイジングターボ追加

新プラットフォーム
「HEATRTECT(ハーテクト)」

 新プラットフォーム「HEATRTECT(ハーテクト)」の採用により軽量化と高剛性化を両立している。従来比で最大120kgもの軽量化を達成しており、車重も910kgとかなり軽量なのがわかる。このクラスで1tを切ると燃費ばかりではなく、運動性能の大幅な向上にも繋がってくる。

 さらにパワートレインは3本立て。1.2L+マイルドハイブリッド、1.2Lデュアルジェットエンジン、そして大注目の1.0L直噴ターボエンジンだ。

 マイルドハイブリッド搭載車は27.4km/LのJC08モード燃費となっているが、1.2Lデュアルジェットエンジン搭載車でも24.0km/Lと善戦している。

 走りの期待が高まるのが「RSt」に搭載される1.0L直噴エンジン。「K10C」と名付けられ、小排気量ながら1.5Lエンジンに匹敵する高出力、高トルク(102ps、15.3kgm)を実現する。

 それでいてレギュラーガソリン仕様というのもスズキらしいこだわりだ。燃費はJC08モード燃費で20.0km/L。

1.0LターボのK10Cエンジン。1.2Lのマイルドハイブリッド車よりも高出力だ

次ページは : 安全装備も抜かりなし

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ