新型スイフト登場!! ターボ登場でスイスポへの期待増大!?


安全装備も抜かりなし

 ユーザーに嬉しいニュースとして、ほぼ全グレードに「セーフティーパッケージ」として約10万円で安全装備を装着できることが挙げられる。

 「セーフティーパッケージ」でも注目なのは単眼カメラとレーザーレーダーを採用した安全装備「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」だ。

 スズキ初採用となるこのシステムは衝突被害軽減システムで、「セーフティーパッケージ」にはほかにも誤発進抑制機能、車線逸脱警報、ふらつき警報、ハイビームアシストなどの機能が盛り込まれる。

 またアダプティブクルーズコントロールも設定しており、高速道路での追従走行などに威力を発揮しそうだ。ただし40km/h〜100km/hという稼働範囲があり、渋滞時のストップ&ゴーには対応していない。

新型スイフトのグレード構成

 新型スイフトのグレードをパワートレイン別でまとめてみた。トランスミッションはXGとXLの2WD車で5MTを選択できる以外は、RStの6ATを除いてCVTとなっている。今後追加されるであろうスイフトスポーツにも期待したいところだ。

【1.2L エンジン搭載車】

  • ・XG (2WD/4WD) 134万3520円〜
  • ・XL (2WD/4WD) 146万3400円〜
  • ・RS (2WD) 159万4080円〜

【1.2L + マイルドハイブリッド】

  • ・HYBRID ML (2WD/4WD) 162万5400円〜
  • ・HYBRID RS (2WD/4WD) 169万1280円〜

【1.0L ターボ】

  • ・RSt (2WD) 170万4240円
スイフトRSt

次ページは : スズキ スイフトRSt (FF)主要諸元