アルファード/ヴェルファイア一部改良!! ほか最新の特別仕様車 限定車 新型情報!!


 アルファード/ヴェルファイアが一部改良。両車は2022年にもアルファードへ統合される話があるため、ひょっとするとこれが最後、ということもあるかもしれない。

 ほか、スズキワゴンR/スティングレー、日産シーマ/フーガの仕様変更などを始め、有力国産車・輸入車の見逃せない特別仕様車・限定車・新型車情報をお届け!

【画像ギャラリー】アルファード/ヴェルファイアを始めとした各モデルたちの画像をギャラリーでチェック!!

※本稿は2020年1月のものです
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年2月10日号


■トヨタ アルファード/ヴェルファイア(一部改良・2020年1月6日発売)

 トヨタのLクラスミニバンであるアルファード/ヴェルファイアが一部改良。2020年1月6日に発売された。

アルファードとヴェルファイアに新型カローラに採用されたディスプレイオーディオを設定

 今回の一部改良では、スマートフォンとの連携を可能にした9インチのディスプレイオーディオと車載通信機を標準装備。

 スマホアプリをディスプレイ上に表示して操作ができ、「LINEカーナビ」では音声認識で目的地設定やLINEメッセージの送受信、音楽再生なども可能にしている。

 なお、従来の車載用カーナビゲーションを利用したいユーザー向けにはエントリーナビキット、または「T-Connectナビキット」も用意されている。

 そのほか、従来からの「T-Connect SDナビシステム」には10.5インチディスプレイ、リアシートエンターテインメントシステムには13.3インチディスプレイを採用し、大型化することでより見やすくした。

 また、バックガイドモニターを全車標準装備し、3眼LEDヘッドランプ、ウェルカムパワースライドドア&予約ロック機能の標準装備設定グレードを拡大するなど、使い勝手を向上させている。

●価格:352万円~

■スズキ ワゴンR/ワゴンRスティングレー(仕様変更・2020年1月20日発売)

 スズキのワゴンR/ワゴンRスティングレーが一部仕様変更した。

今回の仕様変更で写真のハイブリッドFXの価格は、2WDで従来より8万1400円高となった

 今回の仕様変更では新型ハスラーと同じ、新開発のR06D型エンジンとCVTを組み合わせた新しいパワートレーンをNAモデルに採用したのがポイント。軽快な走りと優れた燃費性能を実現している。

 さらに、前後の衝突被害軽減ブレーキ、後方誤発進抑制機能、リアパーキングセンサーなどをCVT車に設定し、安全装備を充実させている。

●価格:109万8900円~

次ページは : ■日産 シーマ/フーガ(仕様変更・2019年12月23日発表)