ライズ発売!! 次期アルファードはいつ?? 今後登場予定の最新新型車情報


 毎月200店以上の新車ディーラーを回り、「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。今回まずは、次期型アルファードの発表&発売時期、発売されたライズの話題など、トヨタ系の情報を中心に。

 また、マツダの新鋭CX-30への反応、ホンダ フィットの販売延期、新型アコードの発売次期、日産ティアナ生産終了など、最新情報をお届けします!

【画像ギャラリー】 ライズ、フィット、アコード…注目車たちの画像をギャラリーでチェック!!!

※本稿は2019年10月のものです
文:遠藤 徹/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年11月26日号


■トヨタ 次期型アルファードは2022年中盤に発売か?

 次期型アルファードは姉妹車のヴェルファイアを統合し、2022年中盤にも投入する方向で開発を進めているようです。

 今年末の12月18日には一部改良、2020年5月にはかなり大幅なマイナーチェンジを実施し、現行モデルの商品力をさらに強化します。

 一部改良では装備の充実化や安全対策の強化、2020年のマイナーチェンジでは内外装の変更に加え、ボディカラー&グレードの再編を行いますが、改良されるのはアルファードが中心でヴェルファイアは大きく変えない見込みです。

 なお、この2020年のマイナーチェンジではアルファードだけに1本化する方向で検討を進めています。

現行型で人気のアルファード/ヴェルファイアは、来年のマイチェンでアルファードのみに一本化され、2022年にはフルモデルチェンジする予定

■トヨタ 新型コンパクトSUV「ライズ」発売スタート

 トヨタは11月5日、新型コンパクトSUV「ライズ」を発売しました。納期は年末ぎりぎりの12月下旬になっています。

 先ごろ行われたディーラーの営業関係者向けの商品説明会&試乗会で、ライズはコンパクトサイズながら広い室内とパワフルな走りが好評だったといいます。

 先行予約では本革仕様シート、アルミホイールなどを標準装備した最上級グレードの「Z」が全体の半分以上を占めています。発売当初からトヨタ全系列店で扱われます。

 2020年前半にかけては月販6000台以上を売り、登録車ではSUVのトップセラーに浮上する可能性があります。価格は下の表のとおりです。

トヨタ ライズ

次ページは : ■トヨタ 12月2日、プレミオ/アリオンを一部改良

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ