ノート e-POWER NISMOの走りは痛快そのもの! 試乗レポート!!


 登場以来、販売好調のノートe-POWER。昨年12月には待望のNISMOバージョンが追加され、e-POWERのさらなる戦闘力アップに期待がかかる。

 ノーマル車と比べてどう違うのか。ノート e-POWER NISMOの走りを試してみた。

 文:松田秀士/写真:平野 学
ベストカー2017年1月26日号


NISMOのDNAとe-POWERが融合!

 ノート e-POWERに早くもNISMOバージョンが登場。文字どおり、e-POWERは新しい形のEVと日産が発信しているように、エンジンで発電して電気モーターで走る。

 そのモーターパワーの走りが、どのようにチューニングされたのか興味深いところだ。

 今回の試乗コースは富士スピードウェイのショートコース。ここは、一般公道のワインディングに似た、曲がり込んだ小さなRのコーナーや、切り返しのコーナリング、そして登坂しながらの旋回もある。

 浮世離れした本格的サーキットとは異なり、現実的なテストができるというわけだ。

走りを支える機能性

 エクステリアは、ご覧のように既存のノートNISMOからキャリーオーバーされているが、ノートNISMO、NISMO Sともに、今回内外装に新たなデザインが採用されている。

 注目なのは、リアフェンダー後部のフラットな面。MY-17 GT-Rにも採用されている手法で、リアタイヤハウス内からの空気の抜けを整流し、エアロ全体でゼロリフトを達成しているという。これは基準モデルよりも約30%の向上となる。

 ところでe-POWERを外観から見分けるには、フロントグリルにブルーアクセントが入っているか否か。また、左右ドアにe-POWERのエンブレムが配されている。

 インテリアで一番気になるのがシート。標準装備のスポーツシートはNISMO Sと共通で、しっかりとクッション性を持たせながらも、サイドサポートなども本格的。他に、オプションでレカロと共同開発したセミバケットタイプも用意される。

ブラック基調で、レッドのアクセントカラーを入れたスポーティなインテリアに仕上げられている

 で、今回試乗したモデルは標準シート。しかし、これがすばらしい座り心地。NISMOでは、ターゲットカスタマーをパフォーマンス・シーカー(主にZやGT-R)とハイライフ・シーカー(ノートやジュークやマーチ)に分けていて、

 e-POWERはハイライフ・シーカーでも、スカートの短いお姉サンたちにも注目してほしいとのこと。確かに、このシートの暖かいフィット感は、女性にもウケるはず。

 ノートにはステアリングにテレスコ機構がないため、基準車ではやや前のめりなドラポジだが、このシートなら文句なしのドラポジが取れる。

 走り出すと、基準車にはない高級感が漂う。安っぽさが感じられない。それは、ボディから伝わる剛性感と振動の少ない走行フィールだ。

次ページは : ひと味違うe-POWER