インプレッサ、スイフト……2016年新車 ベスト&ワーストモデルチェンジは?


 2016年にフルモデルチェンジを行った車種のなかから「最も大きく進化した」モデルと、反対に「最も進化度が低い」モデルを選出する本企画。

 国沢光宏、渡辺陽一郎、片岡英明の3氏が厳しくジャッジする。

 文:国沢光宏、渡辺陽一郎、片岡英明/写真:ベストカー編集部


対象の車種はこの8台

 今回対象となるのは2016年中にフルモデルチェンジを行った全8車種。そのリストは下記のとおりだ。さて、3氏の評価はいかに!?

 2016年フルモデルチェンジ車

メーカー 車名 発売日
TOYOTA パッソ 4月12日
NISSAN セレナ 8月24日
HONDA フリード/フリードHV 9月16日
HONDA フリード+/フリード+HV 9月16日
HONDA NSX 8月26日
MAZDA CX-5 12月15日
SUBARU インプレッサスポーツ&G4 10月13日
SUZUKI スイフト 12月27日

国沢光宏のベストFMC……インプレッサ

 やはり「進化度」からすれば圧倒的にインプレッサだと思う。今や「事故に対する性能」は自動車に求められる一番大きな性能だと考える。

 新しいインプレッサは一番大切な性能を磨いた。なかでもすばらしいのが、事故を未然に防ぐための自動ブレーキと「他人」である歩行者を守るためのエアバッグを全グレードに標準装備したことだ。

 この2つ、自分を守るというよりクルマという危険を伴う道具の加害性を少しでも減らそうという良識(インテリジェンス)から出ている。

 ほかの自動車メーカーの役員や車両開発担当者と自動ブレーキの話をすると「価格競争力の点で厳しい」みたいな話になるけれど、いろんな意味で考えさせられます。

 加えて新型インプレッサはサイド&カーテンエアバッグを標準装備したうえ、ボディの衝撃吸収能力も高めた。

 2番手に選んだCX-5も先代モデルからの伸びしろが大きい。インプレッサと同じく自動ブレーキと、サイド&カーテンエアバッグを全グレードに標準装備化してきた。

 同率の1位としてもよかったのだけれど、個人的には上端が尖ったボンネットの先頭形状に疑問を感じている。

 150cmの歩行者に背後から当たった時のダメージ、チェックしているのだろうか? 歩行者安全をもう少し考えれば新型インプレッサのレベルに届く。

国沢光宏が選ぶFMC大賞 『スバル インプレッサスポーツ&G4』
■選出理由…安全性能が大切だから!

次ページは : 国沢光宏のワーストFMC……パッソ/ブーン

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ