【究極のスポーツカーがさらに洗練】今夏発売 新生シビックタイプRを徹底解剖


■専用BBS鍛造ホイールにミシュランパイロットスポーツカップ2

 98モデルのインテRなどに設定されていた『サンライトイエロー』を纏った新型シビックタイプRは世界1000台、日本200台限定の「リミテッドエディション」。

サンライトイエローIIの”R”は200台限定の「リミテッドエディション」

 1本あたり2.5kg軽量化された専用BBS鍛造アルミホイールを装着し、タイヤはオリジナルのコンチネンタルスポーツコンタクト6に代えてミシュランパイロットスポーツカップ2を履く。

 車体側では遮音材の省略などにより13kgの軽量化をして合計23kgの軽量化を実現。専用チューニングのサスペンションを採用し、さらに究極の操縦性を追求した

標準車はコンチネンタル、リミテッドエディションはミシュランを装着する

■フルアルカンターラステア & ティアドロップ形シフトノブ

 ステアリングはホンダ初のフルアルカンターラ巻きを採用。縦方向38mm、厚み側28mmの楕円形状のグリップの太さや形状は現行型が理想的なので、革厚の差による形状変化を嫌って、あえてコストのかかる2枚重ねの裏地を採用。

 また、シフトノブは2007年デビューの先代型シビックタイプR以来の丸形からティアドロップ形に変更。丸形は握り感覚はいいのだが、手の感覚でギアポジションが判別しにくい欠点があったため。素材はアルミ+スチールで重量は230g。重量と重心点を最適化したことで、シフトフィールは格段によくなったという。

従来の本革ステアリングと握りの外径を揃えるため、アルカンターラ表皮の下に2重の裏地を入れ、握りの質感とフィット感を向上させている
球体からティアドロップ型へと変更、内部にはカウンターウェイトをいれ、操作機能性を向上させた

【画像ギャラリー】進化を遂げた改良型「シビックタイプR」 & 限定車「リミテッドエディション」の詳細をチェック!!