現行シビックタイプRはシビックに非ず!? オーナーが語る「○と×」


 昨年750台限定で発売されたシビックタイプR(FK2)。

 ベストカー本誌の企画で応募したところ、当選を果たしたBC編集部の塩川。当選したからには買わなきゃならぬ、ということでさっそく購入することに。

 愛車のBNR32を手放してまで買ったFK2、その評価はいかに!? 買ったからには好き勝手言わせていただきます!!

 文:ベストカーWEB編集部
写真:平野学、池之平昌信


「シビックはこうあるべきだ」

 タイプRはシビック、インテグラ、そしてNSXのみに設定された超硬派モデルだ。

 買ったらそのままサーキットを走れるような足回り、そしてVTECエンジンの甲高いサウンドと高揚感あふれる加速感。タイプRというクルマは凄まじい魔力を持っている。

 そんなシビックタイプRの血統はセダンとなったFD2型の生産終了で2010年に一度途絶えた。

 しかし2016年、シビックタイプRは思わぬ形で日本に戻ってきた。それがイギリス生産のFK2型。当時のニュルブルクリンクFF市販車最速を達成した、世界に進出した初のシビックタイプRだ。

 ニュルブルクリンクFF最速。その目的達成のためにホンダが選んだパワーユニットはターボ付きの4気筒だった。

 「VTECはNAでなければならない」。そんな不文律があるのはご存じのとおり。それはGT-Rは直6であるべき、といった感情とも似ている。

 なんせ塩川、BNR32を所有していたからその気持ちはとってもわかる。R35が出たときもその絶対的性能は認めつつも、どうも心情的に「腑に落ちない感じ」が合ったのもひとりのオーナーとしての心情だった。

 ところが仕事柄、日本での市販前にFK2を試す機会に何度か恵まれたことで、そんな不文律を覆すことになる。

 ワインディング、高速道路などひととおりシビックタイプRを堪能したのだが、この時にすでにターボのタイプRの魔力にやられていたようだ。

 その後、編集部の企画で応募したところ当選して購入したわけだが、1年乗ってみたらさまざまな「○と×」が出てきた。

 今回はそんな現行型シビックタイプRの「○と×」をお届けしよう。

黒と白のコントラストでこれまでのシビックとは違う印象を受けるFK2
大型のリアスポイラー、そしてフロントフェンダーのふくらみなど、空力への新たなアプローチが見られる

タイプRはもはやサーキットオンリーのマシンではない

 いろいろと心情的な思いはあると思うが、とりあえずは1台のクルマとして「FK2」を見ていこう。

 310psを発揮する直4ターボVTECは、歴代のタイプR至上最高出力を誇り、コンチネンタルのスポーツコンタクト6をもってしても平気でホイールスピンを起こす。

 いろいろ言われてはいるが、動力性能は間違いなく最強のシビックタイプRである。

 「FF市販車ニュル最速」というゴールのためだけに開発されたこのクルマ。旧来からのホンダファンを敵に回すかもしれないが、性能は一線級だと断言したい。まずFK2の「○」を紹介しよう。

 1.しなやかな足回りで守備範囲は広し

 これは前述もしたがザックス製の電子制御サスペンションシステムの効果。とにかくスムースに上下に動いているのがわかる。「渋さ」があるダンパーも多いのだが、このFK2のザックスはそれがない。

 まるでBNR32にアフターパーツで入れていたオーリンズのDFVのようだ。しかも「Rモード」にするとその減衰力が固められ、FD2型のようなガチガチの足回りになる。

 この足回りの効果が一番感じられるのが首都高。普通に走っていても路面のアンジュレーションをしなやかにいなし、安定したハンドリングを維持し続ける。

 逆バンクや継ぎ目の凹凸など、バリエーションが豊かな首都高の路面はニュルブルクリンクに似ているのかも!? もちろん市街地のマンホールや、工事後の路面などでも突き上げがなくマイルド。女性ウケもいい。

市街地、とくに都市高速のようなRのきついカーブや、路面の荒れた場所では安心感が高い。法定速度でも充分楽しめる

 2.ベースモデルから引き継いだ実用性

 歴代のタイプRも同じだがベースがシビックだから実用性が高い。スーツケースやゴルフバッグも入るし、大きなリアハッチだからコストコでの大量買いも心配ナシ。

 それでいて大人4人がしっかり乗れる。スポーツモデルとしてこれ以上の実用性はない。また燃費も13km/L台は一般道を含む走行でも記録するし、高速道路メインならば19km/Lも記録したことも。

 決してスポーツモデルとしては悪い数字ではない。

実用性の高さはベースモデル譲りだ。見切りもよく窓も広いから圧迫感は少ない

 3.とにかく自慢できる存在

 なんせ国内には750台しかない。ざっくりいえば全国の自家用車の総台数(約5980万台)の0.001%しかいない。

 その希少性の高さで 注目の的になるのも事実。これは次期型が今夏に登場しようとも変わらない事実であり、きっとこれまでで一番レアなシビックタイプRになるだろう(シビックユーロRというレアキャラのライバルはいるが)。

 4.採算度外視のパーツ選びに見た「ホンダの意地」

 ブレンボのキャリパー、ザックスダンパー、そしてフロアをすべて覆うアンダーカバーなど、ニュルでの速さのためだけに予算を使ったのがFK2。とにかく「走り」の部分へのお金のかけ方が違う。

 タイヤもコンチネンタルのスポーツコンタクト6を使い、柔らかいながらも”グググッ”とグリップする独特の乗り味を作り上げた。

 「速いクルマは乗り心地がいい」。こんな決まり文句を体現しているFK2の影には、とてつもないコストのかけ方があった。新たなアプローチをしたことで、今後の新車開発への新たなステップになるかもしれない。

 サプライヤーを広げるという意味でも、このお金のかけ方はホンダにとってもプラスだったのではないだろうか。

ターボエンジン採用のみならずひとつひとつのパーツへのコストのかけ方は凄い。どこからでも吹けるエンジンは特徴的だ

次ページは : うまく使えなかった「タイプR」ブランド