快適性を高めたロータス エヴォーラ「GT 410」を追加!!


 ロータスの最新ラインアップのフラッグシップモデルである「エヴォーラ」に、新グレード「GT 410」が投入された。

 新グレードでは、エヴォーラのシャシー性能をより高いレベルで維持しながらも、コンフォート性能も考慮したグランドツアラーの色合いが強められたモデルになっているという。

 最もオールマイティなロータスといえる「エヴォーラGT 410」の仕様とは!?

文:大音 安弘、写真:エルシーアイ

【画像ギャラリー】コンフォータブルなロータス! エヴォーラGT 410をチェック


コンフォートな味わいを持つフラッグシップスポーツ

 ロータスのインポーターであるエルシーアイは、2020年4月22日(水)、ロータスのフラッグシップモデル「エヴォーラ」に、新グレード「GT 410」を追加し、同日より受注を開始した。

 価格は、1397万円(6速MT仕様) 。オプションで、6速ATの選択も可能だ。

ロータス エヴォーラの新グレード「GT 410」を発売。エクステリアも、よりジェントルなスタイルに

個性の異なるふたつの”GT 410”

 エヴォーラは、ロータスのフラッグシップスポーツであると共に、唯一の4シーターモデルだ。2009年のデビュー以来、改良が重ねられ、進化を続けてきた。

 2011年には、ATモデル「IPS」を投入し、ユーザーの拡大を図るなど、新たな取り組みも行っている。

 大幅改良が加えられたのは、2015年登場の「GT 400」で、フェイスリフトを実施するとともに、エンジンをスーパーチャージャー付きへと換装し、パフォーマンスを強化。

 その後も、新グレードを追加するなど、パフォーマンスの追求が図られてきた。

 そんなエヴォーラの最新ラインアップは、スポーツ性を際立たせた「GT410スポーツ」に加え、新登場のコンフォート指向を強めた「GT 410」の2モデルが中心となる。

スポーツと異なるボディ同色仕上げとなるエクステリアが、上品な佇まいを演出する。テールゲートは、素材だけでなく、ガラスハッチとなるのも特徴だ

 

次ページは : 新モデルGT 410の特徴は!?

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ