これ安いぞ!! 新型ハリアー全価格判明 実質値下げで6/17発売秒読み開始!!

 トヨタの新型ハリアーが6月17日のデビューを控え、予約受注を開始。予想を超える“攻めの”正式価格は、実質値下げと判明。

 いよいよ新型ハリアーのデビューが直前に迫ってきた。4月13日にスタイル・概要が発表され、大いに注目を集めたが、このほど遠藤徹氏の調べにより、全グレードの正式価格がわかった。

 従来型とほぼ据え置きの価格は、装備まで考えると、実勢値下げといえ、SUVトップセラーを視野に入れ、トヨタが新型ハリアーに「戦略的な価格」を設定したともいえる。

 以下、価格の詳細や納期など、取材でわかった最新情報をお伝えしたい。

文:遠藤徹
写真:TOYOTA

【画像ギャラリー】外観、内装で進化実感! 新型ハリアー +現行型を写真で詳しく


新型ハリアーは299万円から! 受注好調で納期&値引きは?

ついに受注が開始された新型ハリアー。デザインもよりクーペルックで攻めの姿勢だが、価格も従来型比で据え置きとチャレンジングな設定となる

 トヨタはこのほど6月17日に発売する新型ハリアーの価格を決めて先行予約の受付を開始した。

 新型ハリアーの車両本体価格は299万~504万円で従来モデルに比べるとほぼ据え置きとなっている。コストアップ分を加味すると実質値下げともいえる設定である。

 今のところ好調な滑り出しで5月中旬現在では、これまで専売だったトヨペット店だと、6月分の割り当て台数はすべて予約受注済みで、7月以降分の受付となっている。正式な発売後だと6か月以上の納車待ちになる見通しである。

 新型車から全国規模で全系列店の併売になったわけだが、先行予約はかつての専売店だったトヨペット店が5月10日、他の3系列店は5月15日と差をつけている。

 売れ筋の「2.5ハイブリッド Z」(車両本体価格452万円/FF)に、有料色のホワイトパールクリスタルシャイン、パノラミックビューモニター、フロアマット、ドライブレコーダー、グラスコーティングのガードコスメ、サイドバイザー、ETC2.0などのオプション、付属品をつけて弾いて貰うと、法定、法定外の費用を含めて総額480万円弱と出た。

 車両本体からの値引きは15万円、オプション&付属品からは10万円程度の初回回答となっている。

注目の新型ハリアー 全グレード&価格は?

写真はハイブリッドモデル。パワートレーンは、従来あった2Lターボ車を廃止し、2Lガソリン(NA)車と2.5ハイブリッドの2本立て。ともにFF/4WDを設定

 今後全系列店が本格的な受注活動に入れば、トータルでは月間8000台規模に拡大し、SUV分野のトップセラーモデルに浮上する可能性もある。

 新型ハリアーのグレード別車両本体価格は以下のとおり。

【2L NAガソリン車/FF】

「S」/299万円
「G」/341万円
「Gレザーパッケージ」/371万円
「Z」/393万円
「Zレザーパッケージ」/423万円

【2L NAガソリン車/4WD】

「S」/319万円
「G」/361万円
「Gレザーパッケージ」/391万円
「Z」/413万円
「Zレザーパッケージ」/443万円

【2.5ハイブリッド】

「S」/358万円
「G」/400万円
「Gレザーパッケージ」/430万円
「Z」/452万円
「Zレザーパッケージ」/482万円

「S」(※E-Four)/380万円
「G」(E-Four)/422万円
「Gレザーパッケージ」(E-Four)/452万円
「Z」(E-Four)/474万円
「Zレザーパッケージ」/(E-Four)504万円

(編注:※E-Fourは電気式4WD。また、従来型に設定されていた2Lターボエンジン車は、新型では設定されていない)

【証言1:首都圏トヨペット店営業担当者】

 新型ハリアーはトヨペット店の場合、5月10日に価格が決まり、先行予約の受付が可能になっている。

 好調な滑り出しで歴代ハリアーからの代替えを中心に受注が進んでいる。すでに6月分の割り当てを消化し、7月以降分に取り掛かっているところだ。

 19インチアルミホイール、12.3インチ高精細TFTワイドタッチセンターディスプレイ&静電式ヒーターコントロールパネル、リアスポイラーなどを標準装備した最上級の「2.5ハイブリッド Zレザーパッケージ」(FF)を中心に引き合いが多くなっている。

 6月17日の正式発売までには6か月以上の納車待ちになる可能性がある。

 今回モデルからトヨタ全系列店の併売になったが、トヨペット店は歴代モデルの専売店であり、多数の代替え母体を保有しているので、当分は他系列店との競合で困ることはないと予想している。

ハリアーの全店扱い化で他店の現場にも期待高まる

これまではトヨペット店の専売車だったハリアーだが、新型は発売時より全店での扱い車種となる

【証言2:首都圏トヨタ店営業担当者】

 ハリアーは人気の高いモデルだから、今回から扱えるようになるので期待している。

 トヨタ店はこれまでランドクルーザー、ランドクルーザープラドを長い間専売で扱って来たので、これら既納先の周辺ユーザーから需要開拓を進めて行くことになる。

 5月15日から先行予約を受け付けられるようになったばかりなので本格的な受注活動に入るのはこれからだ。既納客からの問い合わせが次第に多くなっているところだ。

【証言3:首都圏カローラ店営業担当者】

 これまでRAV4を扱っていたので、新型ハリアーを扱えるようになるのは、かなりプラスになる。RAV4は4WDが中心だが、ハリアーは2WDが主体であり、棲み分けは可能になっている。

 これまでハリアーの購入希望者が来店しても紹介するだけ売れなかったが、これからは堂々と売れるようになるので、ノルマが達成し易くなるので楽しみにしている。

【証言4:首都圏ネッツ店営業担当者】

 これまではRAV4をカローラ店との併売で扱って来た。ハリアーの購入希望者も多く、売れなかったのが今回から扱えるようになったので、大いに期待している。

 ほぼ同じ時期にRAV4 PHVも発売になるので、さらに商売がし易くなっている。

 トヨタ系列店同士の競合が激しくなるが、最近は自銘柄の代替比率が高くなっているので乱戦に巻き込まれることはあまりないと予想している。

【画像ギャラリー】外観、内装で進化実感! 新型ハリアー +現行型を写真で詳しく

最新号

ベストカー最新号

【2021年登場へ!】新型86/BRZ 衝撃デザインとその性能|ベストカー6月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルのコラボモデル、86/BRZのモデルチェンジ最新情報をお届け。  そのほか、2020年5月15日にタイで発表された新型キックス、ハリアー、WRX S4限定車など注目車種の情報から…

カタログ