新型エクストレイル、さらなるワル顔&話題の「プロパイロット」装着して登場!

 ミドルサイズSUVカテゴリーにおいて、36.5%という高い販売シェアを誇る(2016年データ)エクストレイルが2017年6月8日にマイナーチェンジを発表した。

 ここでは新型に新たに搭載された機能を紹介しつつ、その魅力に迫ってみたい。

文:ベストカー編集部 写真:平野陽
ベストカー2017年7月10日号


■「プロパイロット」はセットオプションで約14万円也

 今回のマイチェンでの最大の注目点は、高速道路同一車線自動運転技術「プロパイロット」の設定(20X、20Xハイブリッドにメーカーオプション)だろう。先般よりセレナに搭載され、大きな話題となっている。

フロントグルリデザインが大幅に改良され、さらに「怖い顔」となった日産エクストレイル  
ステアリングの青いスイッチを押し、あとはセットスイッチで車速を設定すればプロパイロット機能が作動する。セレナに搭載されたものより、制御がスムーズになったと評価する声もある  

 アクセル、ブレーキ、ステアリングのすべてを自動制御することで、高速道路での渋滞や、長時間の巡航走行の際に感じるストレスを大幅に低減してくれる。

 そのほか20X、20Xハイブリッドには、車線逸脱防止システム「インテリジェントLI」、後退時車両検知警報「RCTA」、ハイとローを自動で切り替える「ハイビームアシスト」が、やはりメーカーオプションで設定され、

 安全機能は大幅に充実した(ハイビームアシスト+ステアリングスイッチ+電動パーキングブレーキ+オートブレーキホールド+プロパイロット+インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)+BSW(後側方車両検知警報)+RCTA(後退時車両検知警報)などもろもろまとめて付いたセットオプションで費用は約14万円)。

 また、ガソリンの20X(2列シート車)には2列目シートに200㎜のスライド機能&リクライニング機能が追加され、居住性がアップ。それに伴い、ラゲッジ容量も従来の550Lから565Lへと増やされ、使い勝手も大きく向上している。

 外観では日産デザインの象徴である「Vモーション」が拡大され、グリルからエンジンフードへキャラクターラインを連続させることで、よりタフなイメージを演出。

 新デザインとなったアルミホイールと相まって、新鮮な印象を与えることに成功した。

 空力向上パーツやアクセルオフ時の回生量増加により、20.8㎞/LというJC08モード燃費を達成したハイブリッド車をはじめ、2017年度も全グレードで減税措置が適用される改良型エクストレイル。

 ミドルサイズSUVカテゴリー№1の座は、しばらく譲るつもりはないようだ。

■新型エクストレイルのそのほか主な改良点

200㎜のシートスライド機能が与えられ、背面分割も6:4から4:2:4に変更。スライド機能が与えられたことで荷室長は900㎜から最大1100㎜となり、荷室容量も15L増加  
インテリアデザインも刷新。ステアリングホイールは下部がフラットなD型形状となりスポーティな印象に。そのほかインストパッドも新形状となり、コンソールリッドのステッチラインも変更された  
ルーフ上のアンテナが従来のポールタイプから、シャークフィンタイプに変更され、より洗練された印象となった。さらに今回の変更で、ハイブリッド車はドア下部にクロームモールディングが追加され、ガソリン車と差別化が図られた  
近年の日産デザインの象徴である「Vモーション」がさらに拡大され、タフなイメージが強化された。世界的なブームになっているスポーツSUV界で、個性を発揮することができるか。試乗が楽しみ  

最新号

ベストカー最新号

【新型アルファード2022年登場】新型フェアレディZ初公開!!|ベストカー10月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、トヨタ高級ミニバン、アルファードの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、新型レヴォーグ、新型ヤリスクロス、ボルボXC40マイルドハイブリッドなど注目車種の情報から、3列…

カタログ