フリード モデューロXが待望のマイナーチェンジ!! 顔もシャープに“走れるミニバン”刷新!


インテリア質感アップ&専用装備も充実

インテリアはブラックを基調にシックにまとめられており、派手さはないがスポーティさも演出する

 インテリアの進化は、形状こそ同じだが、シート表皮を変更。従来同様に、プライススムースの生地に加え、シート中央部に採用していた生地をファブリックからスエード調とすることで、体の滑りを抑制し、フィット感を高めた。

 カラーもモカからブラックとしたことで、引き締まった印象となり、より質感も高まった。

 このほか、専用装備としては、フロントグリル、フロントエアロバンパー、サスペンション、アルミホイール、サイドロアスカート、リアロアスカート、リアエンブレム、ブラック仕上げのドアミラー、ブラックコンビシート、本革巻きステアリング、フロアマットなどを装着。

 新アイテムとして、フロントバンパー内にLEDフォグランプとビームライトを新採用している。また標準装備となるETC車載機は、2.0タイプへと進化した。

写真は2列目をキャプテンシートとした6人乗り仕様の室内

 ボディカラーは、従来型が白、青、黒の3色だったのに対して、赤を加えた4色に拡大。カラー自体も、ベース車のマイナーチェンジで採用された新色へと移行しており、モデューロXも全て同様に、新色となっている。

 パワートレインは、ベース車と共通で、1.5Lガソリンエンジンと1.5Lのハイブリッドシステムの2タイプ。いずれもFF車のみ。フリード自慢のシートレイアウトは、6人乗りと7人乗りの選択が可能だ。

気になる価格は据え置き 走りもイケるミニバンの救世主

今回のマイナーチェンジで新色として加わる「プレミアムクリスタルレッド・メタリック」

 気になる価格は、295万200円~327万8000円で、消費税増税分を加味すると、従来型同等が維持されている。

 扱いやすい5ナンバーサイズのミニバンとして女性人気も高く、多くのファミリーに愛されるフリード。ただ、実用性は高くとも、クルマ好きにとって物足りなさを覚えるのも事実だろう。

 しかし、空気を味方につけることで、しっかりした走りと華麗なコーナリング性能を身に着けたフリードモデューロXは、走り好きなパパにとって、日々の運転を楽しくしてくれる良き相棒となりそうだ。

 よりクールな内外装となり、ファミリーカー色も薄められたのも好感が持てる。少しお高い印象もあるが、試乗すれば、お買い得であることを実感できるはずだ。

■ホンダ フリード モデューロX 主要諸元
全長×全幅×全高:4290×1695×1710mm
ホイールベース:2740mm
トランスミッション:7速DCT
パワーユニット:1.5Lハイブリッド(i-DCD)
エンジン最高出力/最大トルク:110ps/13.7kgm
モーター最高出力/最大トルク:29.5ps/16.3kgm
ベースモデル:HYBRID G・Honda SENSING
価格:325万6000円(ハイブリッド モデューロX Honda SENSING)

【画像ギャラリー】引き締まったデザインに一新! 写真で詳しく見る「新型フリード モデューロX」

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ