クラシックスタイルのケーターハム スーパーセブン1600が日本上陸


 ロータスが送り出したピュアライトウェイトスポーツカーの傑作「セブン」に改良を加えながら、今なお世に送り続けるケーターハム。デビュー当時の1970年代モデルを彷彿させるクラシックスタイルのモデルを発表した。

 古き良き英国車の伝統を色濃く反映した最新モデル「スーパーセブン1600」の仕様と中身とは!?

文:大音安弘 、写真:ケータハムカーズ・ジャパン

【画像ギャラリー】原点回帰!ケータハム スーパーセブン 1600の優美なスタイル


原点回帰のスタイルを纏う最新モデル

 エスシーアイは、2020年6月5日、英国のピュアライトウェイトスポーツカーメーカーである「ケーターハム」の最新モデル「スーパーセブン1600」の日本発売を発表し、同日より販売を開始した。価格は、621万5000円となる。

 スーパーセブン1600は、最新モデルをベースに、レトロなスタイリングとエレガントなインテリアを組み合わせたクラシカルな雰囲気が特徴だ。

クラシカルなスタイルを持つケーターハム スーパーセブン1600が登場

スタンダードセブンから生まれたクラシカルモデル

 ベースとなるのは、新たなエントリーシリーズとなる「セブン270」に、着脱式ソフトトップやレザーシート、ヒーターなどの快適装備を標準化した「セブン270S」だ。

 パワートレインは、フォード製シグマ1.6L直列4気筒DOHCエンジンと5速MTの組み合わせ。性能面では、最高出力135ps、最大トルク16.8kgmと、フォードの実用エンジンらしい平凡なものだが、車両重量が565㎏に過ぎないスーパーセブン1600なら、その扱いやすいエンジン特性を活かしたスポーティな走りが楽しめる。

基本的な仕様は、「セブン270」と共通だが、いずれも軽さを活かした刺激的な走りが楽しめる

次ページは : 1970年代のモデルを彷彿させるレトロなスタイル

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ