爆売れN-BOXに新情報続々入荷!! 発売までカウントダウンの新型N-BOXはここが凄い!!

 販売台数を考えると今年最大の目玉車種と言っていいホンダの新型N-BOX。

 すでに各ディーラーでは見込み客への商談が始まっており、8月31日発表、9月1日発売とアナウンスされているが、発売前2カ月を切ったタイミングでまたいくつか新情報が公表された。

 ここで、これまでホンダ公式から公開された情報を整理して紹介したい。

文:ベストカーWeb編集部


 なにしろ2015年、2016年と軽自動車車種別販売台数年間トップを獲得し、今年に入ってからも売れまくっているN-BOX。

 何しろ2017年1〜6月も軽自動車車種別販売台数で6カ月連続トップ。まさに快進撃が続く中でのフルモデルチェンジとあって、ホンダ本体も各販売店も大変気合いの入った新型車となっている。

 そんな新型N-BOXの性能や改良点などなど、現在公表されているものに加えて本誌がキャッチした情報を整理してお伝えしたい。

 なおホンダ公式の新型N-BOX先行情報サイトはこちら

新型N-BOX先行サイト

■デザインはキープコンセプト、ただし性能は大幅向上

 初代(現行型)が大ヒットしたあとに2代目というとなかなか改良が難しいものだが、外観デザインに関しては今回のフルモデルチェンジは大変無難な線で落ち着くもよう。

 特に街中でフロントマスクをパッと見ただけでは、従来型と新型を見分けるのは難しいのではないか。

 ただし中身はやはり大幅に進化。特にボディの軽量化には力が入っており、初代よりも約80kgの軽量化を達成しているという。

 これだけ軽くなれば当然燃費に効いてくる。従来型のN-BOXは中心グレードが25.6km/L(JC08モード燃費/G・Lパッケージ)という数値だが、これをどこまで伸ばしてくるか、課題のひとつである乗り心地とのバランスがポイントとなる。

新型N-BOX

■インパネ&シートも公開 助手席にスーパースライドシート採用

 内装の使い勝手向上と室内空間の拡大化は、N-BOXという車のキャラクターを考えると最優先事項だが、新型N-BOXは「助手席スーパースライドシート」という飛び道具(?)を投入することを早々に公表。

 助手席のスライド量は実に57cm。この利便性は大きな武器となりそう。

 公表された内装写真も軽自動車ではトップクラスの質感を備えていることがわかる。さすが開発にお金がかかっているなぁ……という印象。

車内
運転席回り
助手席スーパースライドシート

■軽自動車初の「ホンダセンシング」全車標準搭載

ホンダセンシングを標準搭載し、さらに広報誤発進抑制機能とオートハイビームが追加される

 ホンダの先進安全装備パッケージ「ホンダセンシング」が全グレードに搭載される。

 そもそも「ホンダセンシング」とは衝突軽減ブレーキや誤発進抑制機能、歩行者事故低減ステアリングなど8つの安全技術のパッケージ装備を指すのだが、

 新型N-BOXはそこからさらに「後方誤発進抑制機能」(後方に障害物があり、さらにギアが「R」に入っている状態で強くアクセルを踏んでも、急な後退を抑制する機能。ホンダ車初搭載)と「オートハイビーム」(対向車や前走車を自動検知してハイ/ロービームを自動切り替え)も追加で装備される。

■グレード構成も公表

 新型N-BOXはノーマル仕様と合わせて「カスタム」もラインアップされるのだが、それぞれのグレード構成も公表された(価格は未公表だが、すでに販売店では予約を受け付けているので、店頭では教えてくれるはず)。

【スーパースライドシート仕様】
N-BOX G・EX(FF/4WD)
N-BOX G・EXターボ(FF/4WD)
N-BOX Custom G・EX(FF/4WD)
N-BOX Custom G・EXターボ(FF/4WD)

【ベンチシート仕様】
N-BOX G(FF/4WD)
N-BOX G・L(FF/4WD)
N-BOX G・Lターボ(FF/4WD)
N-BOX Custom G・L(FF/4WD)
N-BOX Custom G・Lターボ(FF/4WD)

■彩り華やか、ボディカラーはノーマル仕様14色とカスタム12色

 従来型で設定して公表だった2トーンカラー(ルーフパネルだけ別の色にする仕様)を踏襲して、それぞれ多彩なボディカラーを用意する。

 こういうたくさん売れる車が華やかなボディカラーを設定すると、「街」の色合いが華やかになる。それは社会的で公共的な意義があり、本企画担当は大変応援したいところであります。

公式サイトでそれぞれの色合いを見られるので、ぜひ参照してほしい。

様々なボディカラーが選べる

  以上、前述のように、8月31日発表、9月1日発売までまだ約2カ月ありますが、すでに全国のホンダディーラーでは予約受付中です。

  より詳しい販売店資料も用意されているはずなので、気になる方はどんな具合かぜひディーラーを覗いてみましょう。

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ