今度の『カーズ』はオトナが泣ける!? その理由を監督に聞いてみた

 多くの人に愛されるディズニー/ピクサーのクルマがテーマの映画『カーズ』。

 そんな『カーズ』の最新作『カーズ/クロスロード』が7月15日(土)に日本公開となる。

 ひと足先に公開された全米では「オトナが泣ける」映画と話題に。その真相を監督にインタビュー。「新車発表会」と名付けられた公開発表に登場した、あの人気タレントの声も紹介しちゃいます。

文:ベストカーWEB編集部
写真:ベストカーWEB編集部


一番泣けるピクサー作品って本当!?

 いよいよ7月15日(土)に迫った『カーズ』の最新作『カーズ/クロスロード』。

 「新車発表会」と名付けられた日本公開発表会ではブライアン・フィー監督と、共同製作のアンドレア・ウォーレンさんが来日。担当、何を隠そう、アンドレアさんの美貌にびっくり。女優さんかと思ったほどだ。

 この「新車発表会」ではこの『カーズ・クロスロード』が「オトナが泣ける映画」と呼ばれる理由を監督自らが語ってくれた。

 「私たちがピクサーで働いている時には”大きな子ども”として働いています。だから子ども向けというわけではなく、自分たちが観たい映画を手がけています。

 自分たちが”大きな子ども”としてその感性を持っていることから、今回多くの方にこの映画を受け止めていただけたかと思います。

 また今回の作品でマックイーンが直面する”危機”は、もしかしたら「中年の危機」として多くのオトナに理解していただけるかもしれません」。

 ピクサーといえば世界に誇るアニメーション・スタジオであるが、やはり””大きな子ども”がたくさんいるというのは大事なことのようだ。

 そういう意味ではベストカーも変わらない!?  続いてアンドレアさんも「泣ける」理由について語ってくれた。

 「映画を作るのに5年もかかります。我々にとって大事なのは感動する作品を作ること、そして何より我々自身に響くかどうかということです。

 ゴールは”涙してもらう”ことではないのですが、やはり何かを感じ取ってもらったので、そのようなご感想をいただけたのかなと思います」。

 中年の危機に陥りそうなオトナは映画館を出た時に、なんともいえない勇気とパワーをもらえること間違いなし!! また発表会には日本版で声優を務める女優の松岡茉優さん、タレントの藤森慎吾さんが登場。

 マックィーンのライバルとなる新人のジャクソン・ストームの声を務める藤森さん、そしてマックィーンを支える優しいトレーナー役のクルーズは松岡さんが務める。

 チャラ男で有名な藤森さんだけに「チャラ男をいかに封じ込めるかに苦労した」と発言し、会場の笑いを誘った。

 最後には監督から「とってもチャラい」と完璧な日本語で突っ込まれ、さすがの人気芸人も太刀打ちできず。二人のみならず声優陣は豪華絢爛だ。

マックィーンがなんとこんな状況に!? 窮地に陥るマックィーンの姿は涙なしでは見られない!! ©2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
(左から)松岡茉優さん、ブライアン・フィー監督、共同製作のアンドレア・ウォーレンさん、藤森慎吾さん

モデルになったクルマは?

 クルマ雑誌としては彼らのキャラクターはいかにデザインされたのか? ということが最大の関心事。

 ジャクソン・ストームという「新車」はご覧のとおり、かなりエッジの効いたデザイン。なんせシャシーはカーボンファイバーで、エアロパーツもついているのだ。まるでスーパ−GTのマシンを観ているよう。デザインの意図を監督に聞いてみた。

 「今回はストームとマックィーンの並び方にこだわりました。マックィーンの年齢を感じさせたいという思いもあって、とにかくストームに”若者”というイメージをデザインで表現しました。

 いかに速いクルマかという印象を与えたいのもありました。マックィーンがクラシカルなデザインなので、折り目のあるストームのデザインは最先端のテクノロジーのイメージを含みました」

 いやはや、当然なことではあるが、かなり勉強されているようで現代のレーシングカーのエッセンスを取り入れたモデルになっているのが特徴的。

 マックィーンがクラシカルなナスカーという印象を受けるのに対し、ジャクソン・ストームの”クールさ”が際立つ。

 いぶし銀の世代に入ったマックィーンと、新進気鋭の若手のジャクソン・ストーム。この2台のスタイリングを見るだけでもこの映画のストーリーにドキドキしてしまう!!

 夏休み映画としてもぴったりな『カーズ/クロスロード』。映画館にはぜひオトナのあなたも足を運んでみてはいかがだろうか!?

ジャクソン・ストーム(左)とマックィーン(右)。エッジの効いた現代的なストームとマックィーンのスタイリングの差には、大きな時代の差を感じるぞ。レーシングカーの研究もしっかりしているのがクルマ好きならわかるはず ©2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.
ブライアン・フィー監督、共同製作のアンドレア・ウォーレンさん。ふたりの息はピッタリ。世界でも大人気の映画だから、力のかけ方はすごい。おふたりとも熱心に質問に答えてくれた

※本文中の劇中画像などの転載は禁じます ©2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

最新号

ベストカー最新号

【22年次期タイプR 登場!?】注目2台のスポーツカー確定情報!!|ベストカー7月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、次期型シビックタイプRとスープラGRMNの最新情報をお届け。  そのほか、6月24日に発表された日産キックス、GRヤリス、タフトなど注目車種の情報から、ブルーバード伝説や、挑んだ日本車ランキングな…

カタログ