新型フィット初試乗 これいい!! フィットを買うなら覚えておくべきたった一つのこと


 2017年6月29日に、現行型では初めてとなるビッグマイナーチェンジを実施したフィット。ここではマイチェン後に初めて試乗してみたインプレッションをお送りいたします。

 まず本記事で一番言いたいことを最初に書いておきますと、「もしこのフィットを買うなら、上級グレードのHYBRID・S Hond SENSINGにしましょう」です。

 いいですか、最上級グレードのHYBIRID・Sですよ。今日はこれだけ覚えてブラウザを閉じてください。ではいざ。

文:ベストカーWeb編集部


■ライバルに比べて頭一つ抜け出た性能

 2013年9月に登場した現行型(3代目)フィットは、巨大な期待を背負って誕生しました。

 登場初期から日本を含むグローバル戦略車となるべく開発され、「ホンダのラインアップのなかで一番売れる車であること」が使命として与えられたのです。

 新設計されたプラットフォームは、大変優れたものでした。

 初代から続くセンタータンクレイアウトを継承しつつも、車内空間をさらに押し広げ、車内各部レイアウトの自由度を上げ、軽量化と高剛性化、静粛性や乗り心地も大幅に向上しました。

 結果、コンパクトクラスのなかで「完成度」や「総合点」で見れば、現行フィットはライバルたちより頭一つ抜け出ている存在となっています。

 もちろんデザインや販売力、燃費の数値でトヨタ・アクアを推す人もいるだろうし、走りの楽しさという点で見るとマツダのデミオを推す人もいるでしょう。

 しかし室内空間や走行性能の総合点、使い勝手や価格を総合的に判断すると、現時点ではやはりフィットが優勢です。

 それほどセンタータンクレイアウトという技術には優位性があるし、そのほかの部分に関しても、ホンダはよく磨き抜いているといえます。

 そして、そんなフィットだからこそ、やや面倒な課題が出てきました。

 それは求められる性能が多様化してきた、ということです。ホンダの最量販車となることで、国内累計220万台以上のユーザーがおり、その代替需要だけでなく、

 N-BOXなどの軽自動車からの乗り換え(アップサイザー)や、ステップワゴンやアコードなどミドルクラスからの乗り換え(ダウンサイザー)からの乗り換え需要にも応える必要が出てきた。

 これがフィットを取り巻く状況であり、今回のマイチェンで新型フィットがクリアすべき課題だったわけです。難題ですよね。

 「旧型から乗り換えるお客さんはもちろん、軽自動車から乗り換えてくるお客さんにも、上級車から乗り換えてくるお客さんにも、満足できるような車にしろ」ということですから。

 欲張りすぎる。

 しかし今回乗ってみて、エンジニアたちは見事にそれを達成したと感じています。それが上級グレード、「HYBRID・S Hond SENSING」を推す理由です。

【ホンダ フィット HYBRID・S Honda SENSING】 全長3990×全幅1695×全高1525㎜、ホイールベース2530㎜、車両重量1080kg、最低地上高135㎜、JC08モード燃費37.2km/L、価格220万5360円(ガソリン仕様の13G・Sは179万640円)

■今回もマイチェンの内容は?

 まずザッと今回のマイチェン内容を列記します。

①先進安全支援パッケージ「Hond SENSING」を主要グレードに装備

②上記に加えて「車線維持支援システム」や「アダプティブ・クルーズ・コントロール」も装備

③前後バンパーのデザイン変更(ちょっと出っ張っているように見えます)

④新色追加

⑤スマホを接続して音声でナビ画面を操作できる「Apple CarPlay」採用

⑥遮音機能付きフロントウィンドウガラスの採用、ボディ剛性の強化やサスペンションダンパーの減衰特性の最適化などにより乗り心地が上質化

⑦エンジンの制御やチューニングを変更して燃費をやや向上

 ※ちなみにHond SENSINGの機能のひとつ、「先行車発進お知らせ機能」というのが地味ですけど大変お役立ち度が高いと感じました。

 信号待ちなどでナビを見てたり助手席の人と話していて、前に並んでいた車両が発進するとピピッと鳴って教えてくれる装備。

 こういう地味なお役立ち機能、ホンダは得意ですよね。

 ここで強く言っておきたいのが、⑥の改良。これ、これが今回のマイナーチェンジで一番変わったところだし、この改良が特に入念に響いているのが、本記事の冒頭からしつこく言っている「HYBRID・S Hond SENSING」なのです。

フィット

 現行フィットは約40%のダウンサイザー、つまり上級車種からの乗り換え需要に対応するため、「HYBRID・S Hond SENSING」グレードを上級グレードなみに引き上げています。

 より具体的に言えば、走行時の静粛性が増し、乗り心地が向上し、それが「走りの質感」を大変高めています。

 この「走りの質感」は下位グレードとはあきらかに別物で、本企画担当は「エンジンの制御も変わってるんじゃないか?」と思ってしまったほど(一緒だそうです)。

 このグレードだけに装着される16インチタイヤと遮音機能付きフロントウィンドウガラスの採用で、静粛性や乗り心地は非常に高まっています。

 何度でもいいます。

 新型フィットを買うなら「HYBRID・S Hond SENSING」です。これは鉄板。FF仕様で220万5360円也。同じくハイブリッドの「HYBRID・L」と比べると約13万円高となりますが、抜群に「S」のほうがいい。

 ぜひそこのところ、ディーラーに行って乗り比べてほしいです。はい。

もちろん他グレードもいい車です。
ただし最上級グレードは「別の車種」くらいに思っておいたほうが吉!

次ページは : ■「クロススタイルパッケージ」がいい!

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ