アウディQ3&アウディQ3スポーツバックが新登場!! 着こなすライフスタイルSUVへ


広く快適、そして未来的になったキャビン

 オクタゴンデザインを取り入れた立体的なスタイルのダッシュボードには、アウディ自慢の先進機能を満載。

 全車にデジタルメーターの「アウディバーチャルコクピット」とナビゲーション機能付きインフォテイメント「MMIタッチスクリーン」を全車に標準化している。

 ホイールベースの拡大の恩恵で、キャビンの空間は広々したものに。特に後席の快適性が向上され、ヘッドクリアランスの拡大に加え、130mmのスライド機能も与えられた。

 使い勝手の幅を広げるラゲッジスペースも、先代比+70Lの530Lを備え、最大で1525Lまで拡大可能だ。

バーチャルコクピットなどに代表されるアウディらしい先進機能に溢れたコクピット

 新たな価値であるスポーツバックを投入

 新型最大のトピックは、新たなボディバリエーションとして、クーペライクな「Q3スポーツバック」の投入だ。基本的な仕様は、Q3と同様だが、よりスタイリッシュなクーペフォルムを与えることで、より若々しくアクティブな存在に。

 細部の違いでは、バンパーなどの装飾に加え、グリル内部をハニカムスタイルとすることなどでキャラクターを分けている。

 ボディサイズは、全長4500mm×全幅1840mm×全高1565mm(※Q3スポーツバック35TFSIの値)に変更され、Q3比較で全長が+10mm、全高-45mmのいう僅かな寸法差で、より優雅かつスポーティなスタイリングに変化させている。

 ただスタイルの変化が生むキャビンへの影響は最小限に留められており、ラゲッジルームも標準時は、Q3同様の530Lを確保。Q3には劣るが、最大で1400Lまで拡大可能としている。

ルーフラインを絞り、アグレッシブな装いとしたQ3スポーツバック。それでいて実用的なのもポイントが高いところ(写真は欧州仕様車)

次ページは : FFのガソリンか四駆のディーゼルか

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

集中BIG特集「ホットハッチ世界大戦」。カラー14ページでド~ンと!  季節は初夏。「ホット」なハッチで熱く走ろう!実用性と走りの楽しさを兼ね備えたクルマ、ホットハッチ。マルチな性能だっていかんなく発揮します。そんなホットハッチを取り上げる…

カタログ