新型シトロエンC4登場!!! 超スタイリッシュなクーペハッチに激変!!


 シトロエンは、2020年6月30日、フランスにて全面刷新を図った「C4」を発表。新型はガソリンとディーゼルエンジン車だけでなく、新たにEV(電気自動車)仕様も用意する。今秋に、まずフランスからの発売が予定されている。

 かなりマイナーではあるが、シトロエンC4は、かつて日本にも導入されていたCセグメントハッチバックだ。先代は、旧来の質実剛健なシトロエンを具現化したような地味なデザインであった。

 ところが、新型は激変。日本へも限定導入された「シトロエン C4カクタス」を皮切りに、日本のシトロエン販売のけん引役とイメージリーダーも担うBセグメントコンパクト「C3」に代表される、モダンかつポップな新生代デザインへと進化。

 まさに一目でシトロエンと分かるユニークなスタイルに仕上げられている。

文:大音安弘
写真:Citroën Communication / DR

【画像ギャラリー】これぞシトロエン流!! 格好良いクーペハッチ 全部見せます新型シトロエンC4!!!


大胆に生まれ変わった新型C4

全長4360×全幅1800×全高1525mm。新型C4はサイズだけみればごく一般的なCセグハッチバックのだが、そこをクーペルックでスタイリッシュに仕上げるのはシトロエンだけがなせる業

 Cセグメントモデルであることは従来同様だが、新型C4は、5ドアハッチバックから4ドアクーペ風コンパクトクロスオーバーへと転身を図る。しかも新生シトロエンの中でも、最もスタイリッシュかつスポーティなスタイルである点も注目すべきところだ。

 ボリューム感溢れるスタイルだが、ボディサイズは、全長4360mm×全幅1800mm×全高1525mmと日本の都市部でも扱いやすそうなもの。

 これならば、立体式駐車場にも収めることができる。ホイールベースは2670mmを確保。最低地上高は156mmなので、街乗りクロスオーバーというキャラ付けといえよう。

シトロエン流クーペは超個性的!

同グループ内のプジョー308がオーソドックスなハッチバックであるのに対し、独創的なスタイルを採用した新型C4

 スタイリッシュなC4のスタイリングは、まずファストバッククーペライクなルーフラインが目を引く。

 そのクーペスタイルに、アンダーガード、ワイドなフェンダーとホイールフレアモール、ロアプロテクターなどのSUVのエッセンスを取り入れることで、「エレガント」と「ワイルド」という相反する魅力を融合させることに成功させた。

よりクーペ的なスタイルが強調されるリアビュー

 フロントマスクは、新生シトロエン特有の2段構えのものであるが、V字のLEDシグネチャーランプなどのシャープなライトデザインとすることで、スポーティさを強調。

 リアビューも、フロント同様にシャープなライトデザインやテールゲート内蔵リアスポイラーなどのアクセントが、リヤスタイルを引き締める。その形状は、プリウスを彷彿させる部分もあるが、これはかなり空力特性を意識した結果といえよう。

次ページは : 期待を裏切らない近未来的なコクピット

最新号

ベストカー最新号

幻の東京モーターショー2021 各メーカーの市販確定車の行方|ベストカー7月26日号

 最新の衝撃スクープから、実用企画まで網羅しているベストカー7月26日号は、いつも以上に内容が濃く充実しています。  東京モーターショー2021で公開されるはずだった市販確定車の最新情報には、今回初めて公開する情報満載です。  さらに、この…

カタログ