超スタイリッシュなクーペハッチに激変!! 新型シトロエンC4登場!!!

 シトロエンは、2020年6月30日、フランスにて全面刷新を図った「C4」を発表。新型はガソリンとディーゼルエンジン車だけでなく、新たにEV(電気自動車)仕様も用意する。今秋に、まずフランスからの発売が予定されている。

 かなりマイナーではあるが、シトロエンC4は、かつて日本にも導入されていたCセグメントハッチバックだ。先代は、旧来の質実剛健なシトロエンを具現化したような地味なデザインであった。

 ところが、新型は激変。日本へも限定導入された「シトロエン C4カクタス」を皮切りに、日本のシトロエン販売のけん引役とイメージリーダーも担うBセグメントコンパクト「C3」に代表される、モダンかつポップな新生代デザインへと進化。

 まさに一目でシトロエンと分かるユニークなスタイルに仕上げられている。

文:大音安弘
写真:Citroën Communication / DR

【画像ギャラリー】これぞシトロエン流!! 格好良いクーペハッチ 全部見せます新型シトロエンC4!!!


大胆に生まれ変わった新型C4

全長4360×全幅1800×全高1525mm。新型C4はサイズだけみればごく一般的なCセグハッチバックのだが、そこをクーペルックでスタイリッシュに仕上げるのはシトロエンだけがなせる業

 Cセグメントモデルであることは従来同様だが、新型C4は、5ドアハッチバックから4ドアクーペ風コンパクトクロスオーバーへと転身を図る。しかも新生シトロエンの中でも、最もスタイリッシュかつスポーティなスタイルである点も注目すべきところだ。

 ボリューム感溢れるスタイルだが、ボディサイズは、全長4360mm×全幅1800mm×全高1525mmと日本の都市部でも扱いやすそうなもの。

 これならば、立体式駐車場にも収めることができる。ホイールベースは2670mmを確保。最低地上高は156mmなので、街乗りクロスオーバーというキャラ付けといえよう。

シトロエン流クーペは超個性的!

同グループ内のプジョー308がオーソドックスなハッチバックであるのに対し、独創的なスタイルを採用した新型C4

 スタイリッシュなC4のスタイリングは、まずファストバッククーペライクなルーフラインが目を引く。

 そのクーペスタイルに、アンダーガード、ワイドなフェンダーとホイールフレアモール、ロアプロテクターなどのSUVのエッセンスを取り入れることで、「エレガント」と「ワイルド」という相反する魅力を融合させることに成功させた。

よりクーペ的なスタイルが強調されるリアビュー

 フロントマスクは、新生シトロエン特有の2段構えのものであるが、V字のLEDシグネチャーランプなどのシャープなライトデザインとすることで、スポーティさを強調。

 リアビューも、フロント同様にシャープなライトデザインやテールゲート内蔵リアスポイラーなどのアクセントが、リヤスタイルを引き締める。その形状は、プリウスを彷彿させる部分もあるが、これはかなり空力特性を意識した結果といえよう。

期待を裏切らない近未来的なコクピット

新型C4のインパネ。シックだが、未来的で洗練された印象

 そのインテリアは近未来的だ。デジタルメーター及びデジタルタッチスクリーンを備える立体的なダッシュボードは、まるで宇宙船のコクピットを彷彿させる。

 センターコンソールにはATシフトレバーやパーキングブレーキボタンなどの備えながらも、凹凸はなく、プレーンな仕上げである点も新鮮。

 それでいてエアコンの操作パネルやオーディオのボリュームなどメカニカルな操作系も残されており、使い勝手も良さそうだ。シンプルなステアリングには、しっかりとパドルシフトが隠されており、モダンなデザインの中にしっかりと機能を活かすことを試みているのは好感が持てる。

シートも独特の設え。格子柄のデザインを採用し、ならではの柔らかい掛け心地にも期待ができそうだ

 シートデザインは、最新シトロエンに使われるソファーを彷彿させる「アドバンスドコンフォートシート」は、格子柄デザインとゆったりとしたサイズが特徴。

 シトロエン伝統のハイドロ風味の乗り味を再現した油圧ショックアブソーバー「プログレッシブ・ハイドローリック・クッション」と相まって、極上の乗り味を提供してくれるというからの期待が膨らむ。

 この組み合わせは、すでにC5エアクロスSUVで、日本にも導入済み。その乗り心地の評判は良いことを付け加えておく。

パワートレインも多彩に! 電気自動車のeC4も発売!

新型のトピックは、何と言っても電気自動車のe-C4が設定されること。136 hp (100 kW)のモーターパワーを持つ

 パワーソースの選択の自由度の高さもC4の魅力だ。ガソリン車は、110ps仕様と155ps仕様の2種類を設定。クリーンディーゼル車も、110ps仕様と130ps仕様の2種類となる。

 トランスミッションは、エンジン仕様に合わせて6速MTか、最新世代の8速ATが組み合わせる。

 そして最大のトピックとなるEV「e-C4」には、最高出力136ps(100kW)、最大トルク260Nmを発揮する電動モーターを装備。その実力は、0-100km/h加速が9.7秒。最高速度150km/hを実現する。

 50kWのリチウムイオン式駆動用バッテリーを備え、WLTPモードで350kmの航続距離を備える。充電システムは、200Vの普通充電と急速充電に対応。100kWの出力の急速充電器を利用すれば、30分で80%までの充電を行うことができるという。

 また、外眼上の差別化は、限定的なようで、C4のメッキアクセントがブルーに変更される程度で、EVが決して特別な存在でないことをアピールするようだ。

新型C4の日本導入は2021年!?

美しいスタイルのクーペハッチバックが日本の道を駆ける日はそう遠くない!

 現時点で明かされいるのは、欧州仕様のスペックのみだが、そう遠くないタイミングでの導入に向けて動いているようだ。

 PSAジャポン広報室によると、「現在のところ日本市場への導入は2021年となる見込み」とのことだ。

 新生代シトロエンでは、これまで不満が多かったADASも積極的に採用しており、インフォテイメントシステムなどの快適機能も充実。

 導入されれば、C-HRなどの日本の個性派クロスオーバーの良きライバルにもなりそう。日本にもジャストなCセグメントモデルということもあり、魅力的な価格にも期待したい。

【画像ギャラリー】これぞシトロエン流!! 格好良いクーペハッチ 全部見せます新型シトロエンC4!!!

最新号

ベストカー最新号

【ここまでわかった!】新型WRX S4&STI 強烈進化|ベストカー8月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型WRX STI&S4の最新情報をお届け。  そのほか、世界初公開した日産アリア、タフト、ハスラー、ルーテシアなど注目車種の情報から、歴代殿堂入りモデルを決める特集や、2020真夏の初試乗祭り…

カタログ