N-BOX、CX-8ら、ホンダ&マツダの新型車の最新情報キャッチ! 

 大ヒット車の売れっぷり、地味だけどいい車のマイチェン情報、今年注目のSUVのデビューが遅れている……などなど。

 毎月200店舗のディーラーを回り、「生」の新車情報を仕入れて伝えてくれる遠藤徹氏が、今回も熱いネタを紹介してくれます!

文:遠藤徹
ベストカー2017年9月10日号


■ホンダの新型N-BOXの予約受注開始、納期は3カ月待ち

 ホンダは8月中旬より、8月31日に発表、9月1日に発売する新型N-BOXの予約受注をスタートさせています。新型の(予約段階での)売れ筋は標準タイプ、カスタムともにホンダセンシング付きのG・Lパッケージとなっています。

 新型は新開発のパワートレーンや助手席ロングスライド機能を採用し、約100kgの軽量化やクラス最大の居住空間の確保、クォリティアップなどを図るにもかかわらず、車両本体価格はホンダセンシングの上乗せ分を除いて5万円弱の値上げに留めています。

 現行モデルは終始軽自動車のトップセラーモデルとして君臨してきましたが、次期型も引き続き同ポジションを維持する構えです。

 大幅値引きを見込んで従来型の購入を狙いたい方は、かなり在庫が減ってきているのでお早めに。

N-BOX

※新型N-BOXのプロトタイプ試乗のもようはこちらをご参照ください。 超ヒット車新型N-BOXプロトタイプ、ついに乗った!! ふさわしい性能に「爆売れ間違いなし」!!

■ホンダシャトルのマイチェンは9月中旬

 ホンダはマイナーチェンジするシャトルを9月中旬に発表、発売する見込みです。当初8月中旬に発表、9月中旬の発売を予定していましたが、発表日を先送りすることになります。

 ホンダの各ディーラーは今年6月下旬以降7月下旬までに、フィットやグレイスのマイナーチェンジ、新型シビックの発表とニューモデル投入が相次ぎ、営業サイドの受注活動が立て込み過ぎて、販売面での効果を出すのが難しくなっているためと思われます。

 改良内容はすでにマイチェン済みのフィットやグレイスとほぼ同じで、内外装のデザイン変更、安全パッケージ「ホンダセンシング」の標準装備車設定などとなっています。

フィットシャトルの後継車で2015年から登場。5人乗りのワゴン

■同じくホンダレジェンドは10月下旬にビッグマイナーチェンジ

 ホンダはレジェンドを10月下旬にビッグマイナーチェンジする見込みです。2018年モデルへと切り替えるもので、内外装のデザイン変更、新グレード&新ボディカラーを設定するなどしていっそう商品力を強化します。

 フロントマスクはバンパーまで切れ込んだ押し出しの強い大型グリルを採用。室内はシート&内張りの質感を上げ、高級感をアップさせます。パワーユニットの基本部分は従来どおりとなります。

■マツダアクセラを改良し、安全対策強化&グレード変更

 マツダは8月24日にアクセラを改良し、安全対策&グレード変更によって商品力を強化して、9月28日から発売開始します。

 安全対策では新開発の「360度ビューモニター」をメーカーオプションで設定します。同ユニットはボディの4隅にカメラを設置し、周辺の車両や障害物をいち早く検知し、事前の衝突を回避するシステムです。

 年末にも発売する「新型CX-8」にも採用しますが、メインモデルのアクセラに先行装備します。オプション価格は5万4000円です。

 グレード変更は1.5L車に上級のレザーシート仕様を設定し、あわせてセダンにも1.5Lクリーンディーゼル車を追加します。

アクセラスポーツ。セダンも同時に変更

■マツダCX-8の発売はモーターショー後に延期か?

 マツダは10月頃に予定していた新型3列シートSUVの「CX-8」の発売を11月以降になる見通しとなっています。

 2月に発売した新型CX-5の売れゆきが好調で供給が追い付かなくなっているのと9月下旬に改良型アクセラの生産が始まることから、CX-8の生産を先送りせざるを得ないとの判断によるものと思われます。

 ただし、10月28日から開催される東京モーターショーへの出展を予定していることから、発表や事前予約の開始はモーターショー前に行われる可能性があります。

マツダが公式に発表した新型CX-8のティザー映像。3列シートのクロスオーバーSUVとなる

最新号

ベストカー最新号

【22年次期タイプR 登場!?】注目2台のスポーツカー確定情報!!|ベストカー7月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、次期型シビックタイプRとスープラGRMNの最新情報をお届け。  そのほか、6月24日に発表された日産キックス、GRヤリス、タフトなど注目車種の情報から、ブルーバード伝説や、挑んだ日本車ランキングな…

カタログ