新型MX-30のHV仕様 その名も「e-SKYACTIV G」今秋発売 これがマツダ渾身の隠し球!!


 マツダは、2020年7月31日、幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催された自動車イベント「オートモビルカウンシル2020」にて、発売を予告している小型SUV「MX-30」のマイルドハイブリッド仕様を世界初公開した。

 MX-30は、「マツダ3」「マツダ CX-30」に続く、新生代商品群の3弾となる新ジャンルの小型SUVで、昨秋の東京モーターショー2019でEV仕様が世界初公開された。

 すでに、欧州では受注も開始されており、107kW(145ps)の駆動用モーターと35.5kWhのリチウムイオン電池を搭載。航続距離が200km(WLTCモード)と公表されている。

 将来的に、レンジエクステンダー仕様の投入が噂されているが、あくまでEV専用車であり、その特別感を演出するための個性的なスタイルと思われた。ただ、小型SUVながら、200kmという航続距離の短さを指摘する声もあったのも確か。

 今回、その答えをマツダが用意してきたというわけだ。

文:大音安弘
写真:MAZDA、大音安弘、編集部

【画像ギャラリー】マツダ電動化戦略の中核担う! MX-30「eSKYACTIV-G」の撮れたて現場写真で見る!


新パワーユニット「e-SKYACTIV G」発表

オートモービルカウンシルの会場で公開されたMX-30「e-SKYAVTIV G」

 搭載される新パワートレインの名は「e-SKYACTIV G(イースカイアクティブジー)」。直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」に、独自のマイルドハイブリッドシステム「M-HYBRID(エムハイブリッド)」を組み合わせたもの。

 聞き覚えがある人もいると思うが、このマイルドハイブリッドシステムは、新しいガソリンエンジン「SKYACTIV-X」に採用されているものだ。

 エンジンスペックや仕様などの詳細は不明だが、SKYACTIV-X同様に、ベスト式ISG(インテグレーテッドスタータージェネレーター)や小型のリチウムイオン電池などを組み合わせることで、スムーズなエンジン始動、発進時のモーターアシスト、エネルギー回生による効率化などを実現するものと思われる。

デザインはEV版とほとんど差別化なし!?

RX-8と同様の観音開きドアを採用したMX-30。基本的な部分は先行公開されたEV仕様と同様だ

 ユニークな観音開きドア「フリースタイルドア」を採用する個性的なデザインは、EV仕様車とほぼ同等で、パワーソース違いによる差別化は、かなり限定的。

 エクステリアでは、「e-SKYACTIV G」専用エンブレムを装着し、給電口が給油口に置き換えられる程度。インテリアも、メーターパネル表示とセンターコンソールまわりのデザインが少し異なるだけと、一瞬で見分けるのは、まず困難だ。

全体のフォルムはCX-30にも近い印象。全高は1550mmと日常使いでも扱いやすい

 ボディサイズは、全長4395mm×全幅1795mm×全高1550mm。寸法の違いは、全高のみで、EV仕様では、全高が+5mmの1555mmとなる。この高さは、一般的な立体駐車場に収めることを考量したものだ。

次ページは : 注目のMX-30 e-SKYACTIV Gは今秋発売! ボディカラーに新情報