【ルーミー、ヴィッツ…】地味だけど売れてる、メディアにあまり取り上げられないけどいい車


■スズキ・ソリオ 2017年8月の月販台数 3688台

ソリオ

 空間効率を徹底的に追求した車種としてはソリオに注目したい。全長は3710mmと短く、全幅は1625mmだからパッソも下まわって小型車では最も狭い。最小回転半径は4.8mに収まる。

 その一方で全高は1700mmを上まわり、車内はコンパクトカーの中でも特に広い部類に属する。後席には165mmの前後スライド機能が備わり、後端まで寄せると、頭上に加えて足元空間も広く確保できる。

 身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先空間は握りコブシ4つ分。この余裕はレクサスLSのロングボディに迫り(握りコブシ4つ半)、後席に座って足をゆったりと伸ばせる。

 後席の背もたれを前方に倒すと座面も連動して下がり、フラットで広い荷室になるから、自転車のような大きな荷物も積める。後席側のドアはスライド式で乗降性も良い。

 エンジンは直列4気筒の1.2Lで、ノーマルタイプ/マイルドハイブリッド/フルハイブリッドの3種類を用意した。

 予算と走行距離に応じて選べる。デュアルカメラブレーキサポートも用意され、2個のカメラをセンサーとして使い、歩行者も検知して緊急自動ブレーキを作動させる。コンパクトなボディに高機能を凝縮させた。

■トヨタ・ルーミー 2017年8月の月販台数 5416台

ルーミー

 ソリオのライバル車となるルーミー/タンク/ジャスティも実用的だ。ボディはコンパクトで背が高く、ソリオと同様に空間効率が優れているから後席にも快適に乗車できる。

 荷室の床を反転させると汚れ防止のシートになって自転車などを積みやすい。カップホルダーは回転式で、細身のボトルから500mlの紙パックまで幅広く収まる。

 インパネ中央の下側にも大型のボックスが備わり、脱着式だからゴミ箱としても使いやすい。ソリオに比べると、積載機能と収納設備を充実させたことが特徴だ。

次ページは : ■ホンダ・ヴェゼル 2017年8月の月販台数 4519台

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

集中BIG特集「ホットハッチ世界大戦」。カラー14ページでド~ンと!  季節は初夏。「ホット」なハッチで熱く走ろう!実用性と走りの楽しさを兼ね備えたクルマ、ホットハッチ。マルチな性能だっていかんなく発揮します。そんなホットハッチを取り上げる…

カタログ