【ルーミー、ヴィッツ…】地味だけど売れてる、メディアにあまり取り上げられないけどいい車


 堅調に売れているのに、自動車雑誌やウェブサイトに取り上げられないクルマがある。理由は話題性が乏しいからだ。

 デザイン、走行性能、機能や装備に特徴のあるクルマは、読者諸兄の関心も高いから積極的に取り上げるが、そうでない車種は発売から時間を経過すると扱いにくくなる。

 ただしこの中には優れた商品も多い。いろいろな機能が平均して優れ、個性は乏しくても飽きずに長く使えるからだ。

 例えばデザインに個性を持たせると、話題性が高まる半面、後方視界や取りまわし性が悪化したりする。機能が平均的に優れたクルマには偏りがなく、だからこそ話題にならなくても売れ行きは堅調だ。

 クルマを選ぶ時は、雑誌やウェブサイトを参考にすることが多いが、これらの平凡な良いクルマは見落とされやすい。そこで改めて取り上げる。

文:渡辺陽一郎 写真:池之平昌信、TOYOTA、SUZUKI、HONDA


■トヨタ・ヴィッツ 2017年8月の月販台数 5380台

ヴィッツ

 まずはヴィッツ。発売から7年近くを経過するが、今でもトヨタのコンパクトカーでは中心的な存在だ。

 1.3Fは1000kgの軽いボディと1.3Lエンジンの組み合わせで加速力に余裕があり、JC08モード燃費は25km/Lに達する。収納設備も豊富だ。

 ライバル車のフィットに比べると後席の居住性、積載性、安全装備は見劣りするが、走りと低燃費では注目される。チューニングされたGRシリーズの選択肢が豊富なことも、クルマ好きのユーザーには魅力だろう。

■トヨタ・パッソ 2017年8月の月販台数 3236台

パッソ

 同じトヨタのコンパクトカーでは、パッソも話題になりにくいが、取りまわし性が抜群で売れ行きも堅調だ。

 全長は3650mm、全幅は1665mmだから小型車の中でも最小サイズになり、最小回転半径は4.6mに収まるから軽自動車と同等になる。

 しかもサイドウインドーの下端を低めに抑えた水平基調のボディは、前後左右ともに視界が良い。「日本で一番車庫入れのしやすい小型車」となった。

 先代型に比べるとホイールベース(前輪と後輪の間隔)を拡大して後席の足元空間を75mm広げたから、全長が短い割に4名で乗車しても窮屈ではない。短距離移動が中心ならばファミリーカーとしても使える。

次ページは : ■スズキ・ソリオ 2017年8月の月販台数 3688台

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ