【ルーミー、ヴィッツ…】地味だけど売れてる、メディアにあまり取り上げられないけどいい車

 堅調に売れているのに、自動車雑誌やウェブサイトに取り上げられないクルマがある。理由は話題性が乏しいからだ。

 デザイン、走行性能、機能や装備に特徴のあるクルマは、読者諸兄の関心も高いから積極的に取り上げるが、そうでない車種は発売から時間を経過すると扱いにくくなる。

 ただしこの中には優れた商品も多い。いろいろな機能が平均して優れ、個性は乏しくても飽きずに長く使えるからだ。

 例えばデザインに個性を持たせると、話題性が高まる半面、後方視界や取りまわし性が悪化したりする。機能が平均的に優れたクルマには偏りがなく、だからこそ話題にならなくても売れ行きは堅調だ。

 クルマを選ぶ時は、雑誌やウェブサイトを参考にすることが多いが、これらの平凡な良いクルマは見落とされやすい。そこで改めて取り上げる。

文:渡辺陽一郎 写真:池之平昌信、TOYOTA、SUZUKI、HONDA


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ