MINIクロスオーバーがフェイスリフトでイケメン度がアップ!!

 英国生まれのプレミアムコンパクトであるMINIファミリーのSUV「クロスオーバー」が、マイナーチェンジを実施。

 精悍さを感じる新フロントマスクやMINIらしいアイコニックなデザインの強化など、よりMINIワールドを満喫できるスタイルに進化させたのがポイントだ。

 新たなMINIクロスオーバーのグレード構成や改良点、新デザインの特徴などを分かり易く解説しよう。

文:大音 安弘、写真:BMW

【画像ギャラリー】精悍なマスクで頼り甲斐アップ!? MINIクロスオーバー


フェイスリフトが中心のMC

 BMWは、2020年9月30日、プレミアムコンパクトSUV「MINIクロスオーバー」のマイナーチェンジを実施し、同日より販売を開始した。

 全車右ハンドル仕様のAT車のみとなり、価格は、430万円~609万円。納車開始のタイミングは、本年10月以降としている。

 MINIクロスオーバーは、2011年にMINIファミリー4番目のモデルとして誕生。MINI初の4m越えのロングボディ、5ドア仕様、5人乗り、4WD、そしてSUVであるなど、MINIとしては異例の尽くしの異端児であった。

 しかし、発売とともに、ファミリー層などこれまでMINIがカバーできなかったユーザーを獲得。新生MINIの一員として、多くの人に愛されるようになる。現行型は、2017年に登場。今回が初の大幅改良となる。

フェイスリフトを受けた新型MINIクロスオーバーシリーズが登場

改良の中心は、デザインの刷新

 新型MINIクロスオーバーの特徴は、新デザインだ。フロントマスクは、バンパーやグリル、LEDヘッドライトを変更し、愛嬌あるマスクを力強さを感じられるものへと進化。頼れるSUVらしさを強調している。

 リヤバンパーも刷新され、アンダーガード風味のリヤエプロンをデザインに取り入れることで、堅牢さを強調。

 またLEDテールランプは、MINIの故郷英国を思い起こさせるユニオンジャックをモチーフとしたアイコニックなデザインとしている。

フェイスリフトでSUV感を高めたMINIクロスオーバー。下写真の旧型に比べて、よりオフロードが似合うスタイルになった
こちらがフェイスリフト前

新たにデジタルメーターを採用

 インテリアは、基本的には従来型同様だが、新機能として、5インチのデジタルメーター「デジタル・コクピット・ディスプレイ」をオプションとして採用。アナログとデジタル表示を組み合わせたもので、視認性に優れるのが特徴で、ヘッドアップディスプレイとのセットで装備することが可能だ。

 この他の改良点として、クラシックMINIのメーターを彷彿させる丸形デザインのインフォテイメントシステムも、ボタンデザインを変更することで、より使いやすいものへと進化させている。

 シートレイアウトは、リヤが分割可倒式となる5人乗り仕様を採用。ラゲッジルームの容量は、450L~最大1390Lまで拡大可能。PHEV仕様では、若干サイズダウンするが、405L~最大1275Lと十分な容量を備えている。

ディスプレイ類の変更で先進的な雰囲気が高まったインテリア(日本仕様は右ハンドルのみ)

クリーンディーゼルを中心としたパワートレイン

 パワートレインは、クリーンディーゼルを主力に、スポーツモデル専用のガソリンエンジン、そしてPHEV用のガソリンエンジン+モーター仕様の3タイプで構成される。

 クリーンディーゼルエンジンは、2.0L直列4気筒ターボとなり、出力が異なる2種類を用意。メインとなる「クーパーD」とその4WD仕様の「クーパーD ALL4」の性能は、最高出力150ps、最大トルク350Nmを発揮。

 一方、上級グレードの「クーパーSD ALL4」には、最高出力190ps、最大トルク400Nmのパワフルな仕様が与えられる。

 ガソリンエンジンは、ハイパフォーマンスモデル「John Cooper Works」専用となり、最高出力306ps、最大トルク450Nmを発揮する2.0L直列4気筒ターボを搭載。その結果、0-100km加速が5.1秒という俊足を見せる。

 MINIファミリー唯一のPHEVも設定。コンパクトな1.5L直列3気筒ターボエンジンに、高出力モーターを組み合わせる。これによりシステム最高出力224ps、最大トルク385Nmの高性能を実現。

 またPHEVなので、電気だけで走るのこともでき、航続距離は、53km(WLTCモード)を実現。

 充電は、100Vと200Vの普通充電に対応。200V利用時には、約3.5時間で満充電できるので、日常走行は、EV感覚で使える。

 トランスミッションは、エンジン車は全て8速ATとなり、PHEVには、6速ATが組み合わされる。

新ATは、バイワイヤー方式を採用したショートストロークタイプに変更

 新型MINIファミリーは、BMW製となったモデルからの累計輸入台数が、今年の8月時点で30万台を突破。日本での定番輸入車の一台となっている。

 その拡大を後押ししたのが、後席を拡大したSUV「クロスオーバー」とステーションワゴン「クラブマン」だという。

 特にクロスオーバーのユーザーは、平均年齢の若いヤングファミリーが多く、アクティブに愛車との生活を楽しんでいるようだ。若い世代に支えられるMINIクロスオーバーは、新型となったことで、再び注目を集めそうだ。

【画像ギャラリー】精悍なマスクで頼り甲斐アップ!? MINIクロスオーバー

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ