「MINI John Cooper Works GP」 ニュル8分切りの史上最速MINI発売


 MINIのハイパフォーマンスモデル「John Cooper Works」をベースに、その性能を磨き上げた限定車「MINI John Cooper Work GP」が発売された。

 MINI史上最速を謳う第3世代のMINI JCW GPは、世界限定3000台のうち240台が日本導入予定となる。

  性能とスタイルが研ぎ澄まされた特別なMINIの詳細をお届けしよう。

文:大音安弘、写真:BMW

【画像ギャラリー】速さだけじゃない!MINI John Cooper Works GPの魅力的なスタイル


サーキットに映える攻撃的なスタイル

 BMWは、2020年2月13日、都内にて 限定車「MINI John Cooper Work GP」 を日本初公開を行った。限定240台が導入され、価格は、576万円となる。

MINI史上最速を謳う 「MINI John Cooper Work GP」 が日本上陸

 「MINI John Cooper Works GP」は 、多彩なMINIラインアップの中で、最も走りに特化し、開発された高性能モデルだ。2006年の初代モデルを皮切りに、歴代MINIに限定車として投入されてきた。

 第3世代となる新型は、現行型MINI John Cooper Worksの3ドアハッチバックモデルをベースに、モータースポーツで培われた技術を惜しみなく投入することで、サーキット走行までカバーする高い走行性能を備える。

リアスタイルを引き締める2トーンの大型リヤスポイラーは、専用アイテムのひとつ

 モータースポーツシーンにも映えるアグレッシブな専用エクステリアは、単なるコスメティックなものではなく、フロントエプロンやリヤスポイラーなどのエアロパーツの大型化により、空力特性を向上。

 最もユニークなのが、フローティング構造のホイールアーチカバーだ。ワイドトレッド化のために装着される同パーツは、軽量なカーボン・ファイバーを使用し、ハンドメイドで成形されたもので、GPが特別な存在であることを周囲にアピールする。

 ボディカラーも特別仕様のもので、GPのために専用開発された見る角度や光の加減により変化する「レーシング・グレー・メタリック」を採用。

 これにアクセントとして「メルティング・シルバー」のルーフとドアミラーを組み合わせる。

ユニークな構造のホイールアーチカバーは、軽量なカーボン・ファイバー製となる

潔く後席を取り払ったレーシーなコクピット

 レーシングスタイルのキャビンは、歴代モデル同様に、軽量化を目的に後部座席を排除。代わりにボディ剛性を高めるクロスバーが装着される。

 フロントのスポーツシートは表皮が変更されるほか、メーターパネルも専用デザインのデジタルメータークラスターが与えられる。

 またステアリングに備わるパドルシフトも、より操作性に優れるアルミ製の専用品に変更。

 GPモデルを示す演出として、助手席側インテリアパネルには、GPエンブレムの彫刻と共に、限定車であることを示すシリアルナンバーが刻印され、特別感を演出する。

専用のデジタルメーターを備えるインテリア。日本仕様は、全車右ハンドルとなる
後席は軽量化のために取り払われ、代わりにクロスバーが備わる

次ページは : MINI史上最強スペックのパワーユニット!

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ