日本人が愛してやまないMINIの魅力とお薦め車 いつか買いたい…でなく今でしょ!

 日本人が昔から愛してやまない輸入車ブランドがいくつかある。MINIはその筆頭候補と言っていいだろう。

 日本で人気のMINIはどんなモデルがラインナップされていて、それぞれがどのような魅力を備えているのか? グレード体系、エンジンはどうなっているのか? などを考察することにより、MINIの魅力に迫ってみたい。

 ひと口にMINIと言ってもいろいろラインナップされている。どのタイプのMINIを買えばいいか迷っている人はモデル選び指南として活用していただきたい。

文:石川真禧照/写真:BMW

【画像ギャラリー】2020年内の日本導入に期待がかかる新型MINIクロスオーバーを詳しく見る!!


新旧2タイプのMINIが存在

BMWが手掛けた新世代MINIは2001年3月2日から日本で販売開始。オールドミニをオマージュしたエクステリアは多くのファンを生んだ

 毎年発表される輸入車販売台数で、ここ数年常にベスト5に入っているブランドがMINIだ。2002年に日本に上陸した(しかも3月2日ミニの日!)MINIは日本の市場にプレミアムスモールという新しいセグメントを確立した。MINIの魅力はどこにあるのだろう。

 その前にいまの日本には2つのMINIMが存在している。

 ひとつはミニ。こちらはクーパーミニ、クラシックミニ、オールドミニなどと呼ばれている英国製で、1950年代から2000年代初めまでつくられていたモデル。形はカワイイが、クルマとしての性能は、動力、安全面で時代遅れになっている。

1959年に誕生し、その後メーカーなどが幾度か変更されながら40年以上にわたり販売されたクラシックミニは、今でも中古マーケットで人気

 もうひとつが、今回紹介するMINI。BMWミニ、ニューミニ。MINIと呼ばれているモデルで、その名のとおり、ドイツのBMWが設計、開発を行い2001年から生産を始めたモデルだ。

 BMWは当初、英国のローバー色を消そうと、BMW製を強調していたが、生産は英国のBMW工場で行われていた。しかし、2018年あたりから徐々に英国色を前面に打ち出す方針になり変えている。

 最新モデルではテールランプのデザインに、ユニオンジャックをモチーフにするなど、英国を意識した商品展開をしている。

 5月に出された新型クロスオーバーのプレスリリースにもハッキリと「英国製プレミアムブランド」と書かれている。

『ルーツへの敬意』として2018年からリアコンビはユニオンジャック柄が点灯するデザインのものが採用され、英国色をアピールしている

MINIの基幹モデルは3タイプ

 現在のMINIシリーズは大きく分けて2つのシリーズから構成されている。

 ひとつは基幹モデルであるハッチバックタイプ。3ドア/5ドア/コンバーチブルだ。

 もともと2002年に登場したとき、MINIは2ドア+リアハッチゲート付の3ドアだけだった。2004年に3ドアをベースにルーフをフルオープンにしたコンバーチブルが加わった。

 5ドアが加わったのは3世代目になった2013年から。3ドアのホイールベースを延ばし後席用のドアを付けたモデルだ。この3タイプのMINIが基幹モデルに区分されている。

 ちなみにこの基幹モデルのMINIは、過去に何タイプかの派生モデルもあった。2008年から2015年にかけてステーションワゴンの初代クラブマン、2ドアクーペ、2ドアロードスターたちだ。いずれも5ナンバーのMINIだった。

 すべてのMINIが3ナンバーになったのは2013年からの現在の第3世代からだ。

最もベーシックな3ドアハッチバックの車両価格は247万~466万円。日本車と大差ない価格から購入できるのは大きな魅力
リアの乗降性を高めるために2013年に追加された5ドアハッチバック。車両価格は265万~401万円と3ドアハッチバック同様に買い得感が高い
3ドアハッチバックをベースにソフトトップ仕様のオープンのコンバーチブル。車両価格は381万~540万円と3ドアハッチバックより100万円程度高くなる

ビッグMINIは2タイプ

 MINIシリーズのもうひとつは、ビッグMINIシリーズだ。それはBMWが新しいコンパクトモデルを開発し始めたときに、先行開発の意味合いもあった。

 MINIのイメージを生かし、さらに大型化、上級化を狙った路線を作り出した。

 最初は2010年に発表されたクロスオーバーだった。ボディサイズは大きく、高く。全幅は1790mm、全高も1550mm。さらに4輪駆動モデルも設定されていた。

海外ではカントリーマンの名前で販売されているクロスオーバーの車両価格は350万~607万円。新型モデル(マイチェン)が発表されていて、2020年内の日本導入に期待

 この大きなMINIは、新しいファミリーカーとして、市場に受け入れられた。日本でも従来からのミニファンではなく、20~40代のファミリーが、新しいライフスタイルのシンボルとして、ビッグMINIに注目した。

 クロスオーバーは一時期、3ドア化したペースマンという派生モデルも生まれたが短命に終わっている。その代わりということではないが、クラブマンが大型化され、ビッグMINIの仲間に加わった。

 現在のMINIはプレミアムスモールの3/5ドア、コンバーチブル、プレミアムコンパクトのクラブマン、クロスオーバー、というラインナップになる。

2019年2月に新型にフルモデルチェンジを受けたクラブマンは使い勝手に優れたワゴン的モデル。車両価格は335万~569万円

栄光のジョン・クーパー

 パワーユニットはシンプルだ。基本的には3気筒1.5Lと4気筒2Lで、ガソリンとディーゼル、いずれもターボ仕様。これに最新モデルではプラグインハイブリッド用のパワーユニットが加わっている。

 グレードもシンプルだ。ベースグレードはOne(ワン)、スポーティなCooper(クーパー)、スポーツなCooper S(クーパーエス)、そしてピュアスポーツのJohn Cooper Works(ジョンクーパーワークス=JCW)が用意されている。

2013年に登場した3ドアハッチバックで伝統のセンターメーターが廃止となったが、丸型メーターなどMINIのアイデンティティはキープしている

 グレード名のクーパーだが、フォーミュラ1の世界で1950~1960年代にかけてトップマシンを制作していたジョン・クーパーから命名されている。

 ジョン・クーパーとクラシックミニを開発したイシゴニス博士は友人同士。イシゴニスが作ったミニにクーパーが乗り、そのポテンシャルの高さを見抜いた。

 クーパーはミニをベースにチューニングモデルを開発。当時ツーリングカーレースで圧勝していたコーリン・チャプマンのロータスに挑んだ。

 さらに国際ラリーではモンテカルロラリーに3度も優勝。排気量1~1.2Lで世界の強豪をねじ伏せた。

MINIは1964年、1965年、1967年にモンテカルロラリーで優勝。1966年はワンツーフィニッシュしたが、ラリー後に失格となってしまった

限定車も魅力的

 モータースポーツでの活躍によりミニクーパーの名が知れ渡ったのだ。BMWもクーパーの名を尊重し、MINI開発時に相談役をクーパー家に依頼し、助言をもとにJCWを開発した。

 2019年にはMINI史上最速のJCW GP(グランプリ)を世界3000台限定(日本240台)や2020年3月にはクラブマンをベースに4WD+306psの2Lターボで最高速250km/hの世界299台(日本120台)の「JCWクラブマンGP Inspired Edition」を誕生させるなど活発に活動している。

 MINIはハッチバック、コンバーチブル、SUV、ワゴンといろいろなバリエーションをラインナップしているので、ユーザーのニーズをMINIで満たすことができるのが人気の高さになっている。

 以上がMINIの魅力とモデルのすべてだ。

ド派手なルーフスポイラーを装着したMINI史上最速と言われるMINI John Cooper Works GPは日本で240台限定で販売。車両価格は576万円
MINI John Cooper Works Clubman GP Inspired Editionは世界で299台限定のうち日本は120台の大量導入となるのは人気が高い証拠。車両価格は615万円

【画像ギャラリー】2020年内の日本導入に期待がかかる新型MINIクロスオーバーを詳しく見る!!

最新号

ベストカー最新号

【水野和敏熱血講義も!!】ホンダ2025年までの新車戦略| ベストカー10月10日号

 ベストカーの最新刊が9月10日発売!  最新号のスクープ特集では2021年から2025年までのホンダの登場予想車種をいっきにスクープ。  そのほか、ベストカーでおなじみの水野和敏氏による「withコロナ時代に必要なクルマ」の熱血講義なども…

カタログ