新型MX-30発売!! EVは来年1月発売決定!新世代SUVの旗手登場


■100周年記念車も設定で先行予約も10月上旬から開始

ピュアEV仕様とロータリーエンジンを活用したレンジエクステンダーバージョンは来年にも発売する方向で開発を進めている模様だ

 100周年特別記念車は、2WDが315万7000円、4WD/339万3500円。

 特別装備は創立100周年スペシャルロゴ、2トーン(セラミックメタリック/マローンルージュメタリック)の専用ボディカラー、フロアカーペット(レッド)、フロアマット(レッド)。

 シート材質=クロス(ブラック)+合成皮革(レッド)、360度ビューモニター、ドライバーモニタリング、ボーズサウンドシステム+12スピーカーなど。

 10月上旬から先行予約を受け付けているが、カタログや実車がない状態なので、受注台数はまだ僅かにとどまっている。

 生産開始は10月中旬からで納期は2021年にずれ込む見通し。1グレードでパッケージを選ぶ方式はマツダにとって初めての販売方式であり、軌道に乗るまで多少時間がかかる可能性がある。

独自の観音開きを採用するMX-30。その外観同様ユニークな新型車が走り出す

【画像ギャラリー】お待たせしました! マツダ新型MX-30発売! 本日公開のマイルドHV仕様を見る