新型アウディA4シリーズ登場!! 新デザインやMハイブリッドなどの魅力が豊富


アウディらしい先進機能を充実化

  先進的な装備が特徴でもあるアウディだが、新型A4では、その点も強化。デジタルデザインを意識したコクピットでは、独自のインフォテイメントシステム「MMIオペレーティングシステム」に進化。

 タッチスクリーンを10.1インチに拡大。センターコンソール上のタッチパッドなどの操作系を廃止した。フル液晶メーターパネル「アウディバーチャルコクピット」も、進化版の「アウディバーチャルコクピットプラス」をベース車を除き、標準化している。

 安全面では、LEDヘッドライト及びテールランプを全車に標準化。またアウディらしいユニークな「マトリクスLEDヘッドライト」も採用し、カメラによるセンシングを活かした細やかな調光や配光切り替えなども行う。

 リヤテールには、流れるウィンカーである「ダイナミックターンインディケーター」も備えられた。

 先進の安全運転機能が全車で標準化されたこともトピック。衝突被害軽減ブレーキ「アウディプレセンスシティ」を全車に標準化。

 さらにベース車を除く、全車にACC、車線内維持ステアリングアシスト、後側方接近車警報、リヤカメラなど充実の安全機能を標準搭載するようになっている。

マイルドハイブリッドによる効率化

 パワートレインでは、主力となる2.0Lの直列4気筒ガソリンターボエンジンを12Vマイルドハイブリッド仕様に進化。

 これは、クランクシャフトに接続されたベルト駆動式オルターネータースターター(BAS)によるエネルギー回生とスターターモーターの役目を担うもの。

 またエンジンのスムーズな始動に加え、走行中のコースティング(惰性走行)からの復帰にも活躍する。その結果、100km走行あたり最大0.3Lの削減効果を生むという。

主力の2.0Lターボエンジンには、シンプルな12Vのマイルドハイブリッドを搭載。燃費削減に威力を発揮する

 搭載されるパワーユニットは、前輪駆動となる「35 TFSI」用の150ps/270Nm仕様と4WD車となる「45 TFSI」と「オールロード」に搭載される249ps/370Nm仕様のマイルドハイブリッド仕様の2.0L直列4気筒ターボに加え、「S4」専用の354ps/500Nmを誇る3.0LV6ターボの3タイプを用意する。

 トランスミッションは、A4とオールロードは、DCTの「7速Sトロニック」、S4はATの「8速ティプトロニック」をそれぞれ組み合わせる。

 なお、日本での人気が高いクリーンディーゼルエンジンは、2021年初頭の導入を予定しているとのことだ。

次ページは : 選びやすいグレード構成に

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

集中BIG特集「ホットハッチ世界大戦」。カラー14ページでド~ンと!  季節は初夏。「ホット」なハッチで熱く走ろう!実用性と走りの楽しさを兼ね備えたクルマ、ホットハッチ。マルチな性能だっていかんなく発揮します。そんなホットハッチを取り上げる…

カタログ