王者ヴォクシー兄弟に新型ステップワゴン、セレナは脅威となるか!?

 ミニバン販売競争が激化している。2017年7月にトヨタのヴォクシー/ノア/エスクァイアがマイチェンを実施し、9月にはホンダのステップワゴンが同じくマイチェンを敢行。

 どちらも商品力を大幅にアップしたものの、販売台数は前年比と比べるとそれほど伸びず、値引きが拡大している。

 日産セレナは相変わらず強いものの、先頃の完成検査問題による出荷停止が響いて大幅に登録台数を減らしている。

 2017年10月の月販台数はヴォクシーが7670台、ノア4750台、エスクァイア3720台(3台合計だと1万6140台)。ステップワゴンが4347台で、セレナは1351台まで落としている(普段は7300台ペース)。

 このミニバン販売競争に、「ステップワゴンのハイブリッド追加」はどのような影響を及ぼすのか? 

 そして2018年3月に登場する「セレナe-POWER」の影響は? 販売現場に詳しい遠藤徹氏に、実際に生の声を集めてもらった。

文:遠藤徹


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ