スズキクロスビー 実質初の改良 安全装備充実&新グレード追加

 スズキのコンパクトSUVとして人気のクロスビーが2020年10月15日に安全装備、グレード体系の見直し、ボディカラーの変更などの改良を受けて同日発売を開始。

 今や安全装備の充実は、当たり前の改良になっていて、ユーザーとしてはウェルカムだ。

 どんな改良が施されたのかについてその詳細を見ていく。

文/ベストカーWeb編集部、写真:SUZUKI

【画像ギャラリー】さてどれを選ぶ? 改良されてリフレッシュされた新型クロスビーのボディカラーは全13パターン!!


クロスビーが実質初の改良

2017年にデビューしたクロスビーが実質初の改良を受けた。エクステリアは変更ないが、写真のタフカーキパールメタリックの新色を追加してリフレッシュ

 クロスビーは東京モーターショー2017で参考出品された後、2017年12月にデビュー。軽SUVとして人気の初代ハスラーの兄貴分的なエクステリアデザインが与えられたコンパクトSUVだ。

 今でこそトヨタライズ、ダイハツロッキーといったライバルが出現しているが、クロスビーが登場した時にはライバル不在ということもあり、独自のポジションを確立。

 スズキはほかのメーカー同様に既存モデルの安全装備の充実、アップデートを積極的に展開していて、今回はクロスビーがその対象となった。

 なお、今回の改良でエクステリアデザイン、インテリアデザイン、パワーユニットなどの変更はない。

インテリアデザインも変更なし。ただし、上級モデルのHYBRID MZには、パッケージオプションが新設されている

安全装備の充実

 今回の改良の目玉が安全装備の充実だ。今や安全装備がライバルに劣っていると、販売に直結するため、クロスビーの安全装備の充実はユーザーにとってメリットが大きい。

 新設された安全装備は、3つ用意される。

■車線維持支援機能を追加
■アダプティブクルーズコントロール「全車速追従機能付き」を追加
■夜間の歩行者も検知するデュアルカメラブレーキサポートを追加

 この中で注目は、車線中央付近の走行意地をサポートする車線維持支援機能で、スズキ車としては初採用となる。

 全車速追従機能付きとなったアダプティブクルーズコントロールと合わせ、高速道路などで運転している時の快適性が増し、疲労軽減にも大きく貢献してくれるはずだ。

車線中央付近の走行意地をサポートする車線維持支援機能がスズキ車で初めてクロスビーに搭載された。今後拡大採用されるはずだ
アダプティブクルーズコントロールは全車速追従機能付きなので、高速道路での運転がかなり楽になる。クロスビーの魅力アップにつながる装備

グレード構成の見直し

 クロスビーは、1L、直3DOHCターボ+モーターのマイルドハイブリッドで、ベースグレードのHYBRID MX、上級グレードのHYBRID MZという2グレードにそれぞれFFと4WDをラインナップしていた。

 しかしHYBRID Xは、デュアルカメラブレーキサポートをはじめとする安全装備レスのため、一般ユーザーにとってはほぼ1グレードだった。ちなみに、HYBRID MXはグレード追加を機に受注生産となる。

 そのクロスビーに今回の改良で待望の新グレードが追加された。

 追加されたのはHYBRID MVというグレードで、MXとMZの間のグレードとして新設されている。

HYBRID MVは安全装備、快適装備、機能面など上級モデルのHYBRID MZにほぼ準じている。シートの撥水加工は何かと重宝する

 HYBRID MVの特徴は、パーソナルテーブル(後席左右)、シート座面の撥水加工、防汚タイプラゲッジフロア、ステアリングオーディオスイッチといった使い勝手に優れていて、需要の高い装備を充実させていることだ。

 つまりHYBRID MVは、クロスビーに新設定された買い得グレードと言えるだろう。上級モデルのHYBRID MZ同様に安全装備も標準装備となるのもポイントだ。

 価格はFFが194万8100円、4WDが209万3300円で、HYBRID MXより約14万円高、HYBRID MZより約11万円安い絶妙な価格設定も魅力となるだろう。

 そのほかでは、上級グレードのHYBRID MZにラックススェード&レザー調の専用シート表皮(シルバーステッチ)、レザー調ドアトリムクロス(フロント)、ダークグレーパールのインパネ/ドアトリムカラーパネルを採用したブラックインテリアパッケージを新設定。

 ブラックインテリアパッケージは、3万8500円のメーカーオプションとなる。

HYBRID MZに3万8500円でオプション設定されるブラックインテリアパッケージのラックススェード&レザー調の専用シート表皮はシルバーステッチ入り

ボディカラーの一新

 前述のとおり、今回の改良ではエクステリアデザインに変更はないが、ボディカラーが変更されてリフレッシュされている。

 新色として追加されたのは、タフカーキパールメタリックとプレミアムシルバーメタリックの2色だ。人気の2トーン、3トーンのバリエーションも増え、合計13パターンのラインナップとなったのも魅力的だ。

新たに追加されたプレミアムシルバーメタリックは、その名のとおり非常に質感が高く見える。シックな雰囲気で人気が出るのは確実

【新たに追加された2トーン、3トーン】
■スピーディブルーメタリックにホワイト2トーンルーフ仕様を追加
■タフカーキパールメタリック(新色)、バーニングレッドパールメタリックにブラック2トーンルーフ仕様を追加
■スーパーブラックパール、キャラバンアイボリーパールメタリックに3トーンコーディネート仕様を追加

爽やかさで人気のあるスピーディブルーメタリックにホワイト2トーンルーフ仕様が新たに追加され、よりオシャレになっている
クロスビーには2トーンのほかにドアのモール下にアクセントカラーが入る3トーンコーディネートも2タイプ用意されている

 遊びをイメージさせるクロスビーだから、ボディカラーの選択肢が増えたことで、選ぶ楽しみも増えたことは大歓迎だ。

 今回の改良により直接ライバルとなるダイハツロッキー追撃の準備は整った!!

HYBRID MXは受注生産
全方位モニター用カメラパッケージは5万5000円なので、是非とも装着したオプション

【画像ギャラリー】さてどれを選ぶ? 改良されてリフレッシュされた新型クロスビーのボディカラーは全13パターン!!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ