スズキクロスビー 実質初の改良 安全装備充実&新グレード追加


 スズキのコンパクトSUVとして人気のクロスビーが2020年10月15日に安全装備、グレード体系の見直し、ボディカラーの変更などの改良を受けて同日発売を開始。

 今や安全装備の充実は、当たり前の改良になっていて、ユーザーとしてはウェルカムだ。

 どんな改良が施されたのかについてその詳細を見ていく。

文/ベストカーWeb編集部、写真:SUZUKI

【画像ギャラリー】さてどれを選ぶ? 改良されてリフレッシュされた新型クロスビーのボディカラーは全13パターン!!


クロスビーが実質初の改良

2017年にデビューしたクロスビーが実質初の改良を受けた。エクステリアは変更ないが、写真のタフカーキパールメタリックの新色を追加してリフレッシュ

 クロスビーは東京モーターショー2017で参考出品された後、2017年12月にデビュー。軽SUVとして人気の初代ハスラーの兄貴分的なエクステリアデザインが与えられたコンパクトSUVだ。

 今でこそトヨタライズ、ダイハツロッキーといったライバルが出現しているが、クロスビーが登場した時にはライバル不在ということもあり、独自のポジションを確立。

 スズキはほかのメーカー同様に既存モデルの安全装備の充実、アップデートを積極的に展開していて、今回はクロスビーがその対象となった。

 なお、今回の改良でエクステリアデザイン、インテリアデザイン、パワーユニットなどの変更はない。

インテリアデザインも変更なし。ただし、上級モデルのHYBRID MZには、パッケージオプションが新設されている

安全装備の充実

 今回の改良の目玉が安全装備の充実だ。今や安全装備がライバルに劣っていると、販売に直結するため、クロスビーの安全装備の充実はユーザーにとってメリットが大きい。

 新設された安全装備は、3つ用意される。

■車線維持支援機能を追加
■アダプティブクルーズコントロール「全車速追従機能付き」を追加
■夜間の歩行者も検知するデュアルカメラブレーキサポートを追加

 この中で注目は、車線中央付近の走行意地をサポートする車線維持支援機能で、スズキ車としては初採用となる。

 全車速追従機能付きとなったアダプティブクルーズコントロールと合わせ、高速道路などで運転している時の快適性が増し、疲労軽減にも大きく貢献してくれるはずだ。

車線中央付近の走行意地をサポートする車線維持支援機能がスズキ車で初めてクロスビーに搭載された。今後拡大採用されるはずだ
アダプティブクルーズコントロールは全車速追従機能付きなので、高速道路での運転がかなり楽になる。クロスビーの魅力アップにつながる装備

次ページは : グレード構成の見直し