ついにインプレッサスポーツSTI Sport登場! ほか国産&輸入大充実の新型車 限定車情報


 スバル インプレッサスポーツに満を持してSTI Sportが登場。同時にe-BOXERも設定された。ダイハツからはトールの大幅マイナーチェンジ、日産スカイラインは新色追加の情報。スレートグレーは街に人に映えそうだ。

 輸入車からもミニ5ドア、レンジローバー、Eクラス、アウディe-トロン、カングーなどなど、新型車の情報が目白押し。大充実のボリュームでお届け。

【画像ギャラリー】インプレッサスポーツ、スカイライン、トール、ミニ5ドア、レンジローバー…充実の新型車・限定車・特別仕様車をギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年9月のものです
文・写真:ベストカー編集部ほか
初出:『ベストカー』 2020年10月26日号


■スバル インプレッサスポーツ/G4(一部改良・10月8日)

 現行型デビューから4年目を迎え、ついにインプレッサスポーツの2Lガソリン車にSTI Sportグレードが登場することになった。

かねてから噂されていたインプレッサスポーツのSTI Sportが登場。各部をブラックパーツで揃え、“上質かつスポーティ”というSTI Sportの世界観を表現している

 10月8日発表の年次改良で追加された。足回りはSTIチューンのSHOWA製ダンパーをフロントに採用。STI Sport専用のブラック/レッド/グレーのファブリックシートを採用し、インプレッサスポーツらしい軽快さを演出している。

 STI Sport専用のメッキリングつきとなり、タコメーターはSTIロゴ入りとなるレッドメーター。最上級グレードにふさわしい演出を施される。 

 また同時に、フォレスターやXVに設定されている2Lマイルドハイブリッドを搭載した「e-BOXER」モデルもインプレッサスポーツのみに設定されることに。

 145ps/19.2kgmの2L DOHCに13.6ps/6.6kgmのモーターを組み合わせたe-BOXERモデル。フォレスター、XVに続いて採用へ

 グレーメタリックをアクセント的に採用することで、洗練された先進的なスタイリングをアピール。

 専用アルミ(ダークグレー塗装)採用のほか、e-BOXERオーナメントがリアやサイドなどにつく。

●価格:STI Sport…2WD 270万6000円/4WD 292万6000円、e-BOXER搭載グレード…2.0e-Lアイサイト(AWD)256万3000円/アドバンス(AWD)278万3000円

■ダイハツ トール(マイナーチェンジ・9月15日発売)

 ダイハツのコンパクトハイトワゴン、トールがマイナーチェンジした。

ダイハツ トール。今回の改良で価格はGグレードで2万7000円程度アップしている

 今回の改良は大幅なもので、予防安全&運転支援システムの強化や使い勝手の向上、内外装デザインの変更を実施している。

 予防安全&運転支援システムでは、新型ステレオカメラを搭載することで検知機能を強化。衝突回避支援ブレーキ機能を夜間の歩行者や追従する二輪車にも対応させたとともに、検知距離や対応速度も向上。

 新機能としてブレーキ制御付き誤発進抑制機能(前方・後方)などを全車装備し、一部グレードで全車速追従機能付きACCも追加した。

 使い勝手としては、仕様に応じてオートブレーキホールド機能付きの電動パーキングブレーキを採用し、9インチディスプレイオーディオをオプション設定。シート形状を変更して座り心地とホールド感を向上させている。

 デザイン面では、フロントバンパーやフロントグリルなどが新意匠となり、内装はセンタークラスターパネルが変更されている。

トヨタブランドのルーミーも同時にマイナーチェンジ。価格は155万6500~209万円

●価格:155万6500円~

次ページは : ■日産 スカイライン(仕様向上・9月14日発売)

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ