打倒アルファードへ刷新! オデッセイ改良型は11月5日デビュー確実

打倒アルファードへ刷新! オデッセイ改良型は11月5日デビュー確実

 打倒、王者アルファードへ刷新。ホンダ オデッセイのマイナーチェンジモデルの発売日が判明。

 ホンダは上級ミニバン「オデッセイ」の改良モデルを今秋マイナーチェンジすると発表。すでに特設ホームページでその一端を先行公開しているが、このほど遠藤徹氏の取材により、正式な発表/発売日が判明。

 近年は往時と比べれば苦戦していたオデッセイにとって、今回のマイナーチェンジは今後を占う試金石となりそうだ。以下、詳細を遠藤徹氏が解説。

文/遠藤徹、写真/HONDA

【画像ギャラリー】王者打倒へ向けてリニューアル! ホンダ オデッセイ改良型を現行型写真と共に考える


■オデッセイのマイナーチェンジモデルは11月5日発表、6日発売

外観デザインを大幅に刷新したビッグマイナーチェンジを控えるホンダ オデッセイ。大型のフロントグリルを採用するがアルファードほどギラついてはいない
外観デザインを大幅に刷新したビッグマイナーチェンジを控えるホンダ オデッセイ。大型のフロントグリルを採用するがアルファードほどギラついてはいない

 ホンダはビッグマイナーチェンジするオデッセイを11月5日に発表、6日に発売する。

 今回は外観デザインを大幅に刷新、内装ではメーターを含むインパネやシート表皮の変更で質感をさらに向上。装備面ではパワーテールゲート、シーケンシャルターンランプ、国内仕様でホンダ初のジェスチャーで開閉できるパワースライドドアや予約ドアロック機能を追加する。

 具体的にはエクステリアデザインがヘッドライト、フロント&リアのデザイン変更でより力強さ、ワイド、シャープさを強調。フロントは厚みのある力強いフード、押し出し感のある大型グリルを採用。

 グリルは横長の8角形枠に横4線のメッキを走らせている。グリルを前方へ突き出したデザインにすることで、全長は15mm延長する。全高、全幅は同じサイズを継承する。

 インテリアはメーターパネル、ナビの変更、新たな収納を設定、質感を向上させる。ナビは現行7インチをディーラーオプションのみで10インチモニターに変更。メーターパネルは3.5インチ液晶から7インチに拡大。

 快適装備はパワーテールゲートや新たな収納を追加し、静粛性も向上。助手席はリッド付き大型収納ボックス、運転席側は収納式カップホルダー、フロントドア、スライドドアガラスを遮音ガラスに変更。テールゲートガラスの板厚を変更し、ノイズリデューイングホイールを採用。

次ページは : ■グレードや装備、新価格は?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します