日産「走りのブランド」大攻勢 NISMOバージョン続々登場車を暴く


 日産が昨年のノートから進めているe-POWER戦略を日産車全体の方向性とするならば、もうひとつ大きな柱となるのがスポーツモデルの方向性。それはもちろん、NISMOモデル戦略のことを指している。

 日産は先般、NISMOと並ぶ国内専用スポーツブランドとして「オーテック」の立ち上げを発表。新ブランドではシートやハンドルの素材など、ユーザーの要望に細かく答えるチューニングブランドとして育てていくことを発表した。

 オーテックブランドの第一弾としてセレナが投入されることが発表されたが、本誌ベストカーが掴んだ情報によると、それとともにNISMOブランドの大幅強化も計画されているという。

 本企画では、ベストカースクープ班が掴んでいる「今後NISMOブランドとして登場する日産車」の計画を紹介します。

文:ベストカー編集部
ベストカー2017年12月10日号「Special Scoop ニューモデル一挙公開」より


■現状の5台体制から7台へ、そしてさらに拡大予定

 今秋開催された第45回東京モーターショーでは、新たに新型リーフに早くもNISMOモデルのコンセプトカー(「リーフNISMO」)がワールドプレミアされたほか、同じくセレナNISMOも出展された。

 現在、日産車にNISMOが設定されているのはGT-Rを筆頭に、フェアレディZ、ノート&ノートe-POWER、マーチ、ジュークの5車種だが、前述の2台を含めれば7台体制となる。

 しかし、まだまだNISMOモデルの攻勢はこの先も手綱を緩めないというのが日産に詳しい関係者の証言だ。以下、今後市場に投入予定で開発が進められているNISMOバージョンを紹介していきたい。

■GT-R NISMO2019モデル

 2016年8月のマイチェンで2017年モデルに進化したGT-R NISMOだが、早くもニュルで2019年モデルの高速テスト風景がキャッチされた。

 ホワイトのボディカラーのため若干わかりにくいが、写真を見るとフロントフェンダーの一部がカモフラージュされているほか、ブレーキキャリパーも2017年モデルより大型化されている。

 また、改善を施したNISMO専用のカーボン製フロントバンパーやエアスプリッター装着でダウンフォースを向上させているようだ。

 チューニングに関してもより高速での安定性を向上させたセッティングとなり、足回り中心の変更となりそう。登場は来年8月頃の予定。

次ページは : ■スカイラインNISMO

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ