ランボルギーニ「スーパーSUV」新型ウルス登場!! 超価格SUV 9選+α


 2017年12月4日(日本時間5日未明)、イタリアのランボルギーニ本社は母国でランボルギーニ・ウルスを正式発表しました。

 同日、ランボルギーニジャパンは日本における車両本体価格を発表。税別2574万円とのこと(デリバリーは2018年春)。

 本稿では、アウトモビリ・ランボルギーニCEOであるドメニカリ氏がいう「スーパーSUV」新型ウルスをザッと紹介しつつ、日本で買えるスーパー高額なSUVを(あくまで庶民目線で)合わせてご紹介いたします。

文:ベストカーWeb編集部
ベストカー2017年10月10日号「お金持ちSUVが買えたなら」より一部抜粋


■0~100km/hは3.6秒、最高速305km/h(市販SUV最速)

 「ウルスは、ランボルギーニのDNAを最も汎用性のある車両、SUVに吹き込むという明確なビジョンを持ったアプローチを行い、これまで不可能だったスーパーSUVというレベルに達しました」

 ランボルギーニ本社で実施された発表イベントにて、アウトモビリ・ランボルギーニのステファノ・ドメニカリCEOは誇らしく胸を張った。

これがランボルギーニのSUV、その名も「ウルス」
これがランボルギーニのSUV、その名も「ウルス」

 「アベンタドール」、「ウラカン」に続く、現行ランボルギーニ車として第3のモデルにあたり、1986〜1993年にわずか300台市販された「LM002」以来のランボルギーニ製オフロードSUV、「ウルス(家畜牛の先祖である大型の野生牛の名称)」である。

 エンジンはアルミニウム製の4L、V8ツインターボ(ランボルギーニ社で初のターボ車)。

 最高出力650hp/6800rpm、最大トルク850Nm/2250-4500rpmという冗談みたいなエンジンスペックに、乾燥重量は2200kg以下の(しっかり「ランボルギーニらしさ」をまとった)ボディが組み合わされる。

何がすごいって、SUVなのによく見るとしっかり「あーランボルギーニだよな」と思ってしまうところ
何がすごいって、SUVなのによく見るとしっかり「あーランボルギーニだよな」と思ってしまうところ

 8速ATのみの設定で全車電子制御4WD。全長5112×全幅2016×全高1638mm、ホイールベース3003mmで最低地上高は158~248mm(エアサスにて調整可能)。

「STRADA(道)」「TERRA(オフロード)」「NEVE(雪上)」「SPORT(スポーツ)」「CORSA(レース)」「SABBIA(砂漠)」という特徴的な6つのドライブモードを持ち(モードを切り替えることで駆動力配分や車高、エキゾーストノートなどが変わる)、また自分の好みで細かく各種制御を変更できる、その名も「EGOモード」も用意されている。

 公式発表資料に「0-100km/h加速は3.6秒、0-200km/h加速は12.8秒、そして、最高速度は市販されているSUVの中で最速の305km/hです」としっかり書いてある。

 そ、そうですか。

4人乗りで高級感あふれるシートながら、ちゃんとSUVとしての機能性もはたしている
4人乗りで高級感あふれるシートながら、ちゃんとSUVとしての機能性もはたしている

 お値段は冒頭でお伝えしたように、税別2574万円(すでに予約受注は始まっているが、受注方法は各販売店によって違う)。2018年春よりデリバリーが開始される。

 なんだかとんでもない乗り物のような気がしてきたが、デザインはどこからどう見てもランボルギーニ。こういうところは「さすが」というほかない。

 世界的なクロスオーバーSUVブームの最高峰クラスに、扉を蹴破ってランボルギーニが乱入してきた……ということのようだ。

「コクピット」と呼ぶのにふさわしいインパネ
「コクピット」と呼ぶのにふさわしいインパネ

■まだまだゾロゾロある、超高級SUVたち+α

 いまでは軽自動車から超高級名門ブランドまで、まさに上から下までSUVが世界的にラインアップされている。

 本来は「オフロードを走るのに適したモデル」として用意されていたはずだが、(今回紹介した「ランボルギーニ・ウルス」もそうだが)一部では「高級さを競い合うアイテム」、「オシャレな金持ちのアイコン」、「それが行き過ぎてオラオラ系アピール道具」になっているのも事実。

 とはいえ本音を言えば一度は乗ってみたい、そんな超高級SUV(日本で正規購入できるモデルに絞りました)をザッとご紹介します。

次ページは : ■レクサス LX570 1100万円

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ