スバル新型BRZ 世界初公開!! 新エンジン&アイサイト初搭載


 一世代で日本を代表するFRスポーツカーに成長したトヨタとスバルのコラボレーションモデル「トヨタ86」と「スバルBRZ」は、2020年で生産を終了。開発中という情報こそ、キャッチしていたものの、具体的な次期型の姿が見えてこず、新情報が待ち望まれていた。

 その沈黙を破ったのは、なんと海を越えた向こうにある「スバル オブ アメリカ」。第2世代となる「BRZ」を2020年11月18日9時(日本時間:同日23時)に、オンライン発表会を行い、新型のワールドプレミアを実施した。それでは世界初公開となる米国仕様の新型BRZの詳細を見ていこう。

文/大音安弘
写真/SUBARU

【画像ギャラリー】全部見せます! 初公開された新型BRZ全写真&旧型86/BRZを写真で比較

従来型を発展進化させた新型BRZ

新型BRZ。全体のフォルムは従来型継承ながらフロントマスクは厚みが増し、存在感も高まった印象

 新型BRZは、現行型の面影を強く残したスタイリングを採用。ファンが直感的にBRZと理解できるものに仕上げてきた。

 ただ、これは保守的なスタンスからではなく、BRZが86と共に築いた日本生まれのコンパクトFRスポーツカーを育てていき、世界にブランドとして認知させる狙いもあるのだろう。旧車を中心に日本車ファンが増えているタイミングということもあり、クレバーな選択だ。

 もちろん、各部には大きくブラッシュアップが図られている。最も印象的なのは、よりワイド&ローのフォルムを強調することで力強さを感じられるようになったことだ。

 具体的に見ていくと、フロントマスクはヘキサゴングリルを大型化。より低く配置し、前に押し出したデザインとすることで、視覚的にもパフォーマンスの向上を訴える。

 ボンネットにも2本のキャラクターラインが加わり、パワードームを形成。ボンネットの内部に秘められた新エンジンのパワフルさを演出する。現行型の特徴のひとつであった涙目のヘッドライトは、鋭い眼力を持つシャープなデザインへと変更されている。

新型BRZのサイドシルエット。FRらしいロングノーズ・ショートデッキスタイルもそのままだ

 サイドシルエットは、現行型とよく似ているが、より前後フェンダーの膨らみを強調したグラマラスなボディへと進化。フロントフェンダーにはWRXのようなエアダクトが、サイドシルには一体となるスポイラーが追加されているが、これは視覚的だけでなく、空力性能の向上にも大きく貢献するものだという。

コンパクトなボディサイズを維持しながら車体を強化

リアスタイルもボリュームを増した印象に

 リアスタイルは、左右に大口径のマフラーエンドを備えるディフューザーと短いトランクリッドが現行型と重なるが、視覚的な安定感を生むボリューミーなデザインに変更。特にトランクリッドはダックテールとなるリアスポイラー内蔵デザインとなったのが印象的だ。

 気になるボディサイズだが、全長4265mm×全幅1775mm×全高1311mmと現行型と同等。ホイールベースも2576mmとわずかな差だ(※公表されたインチサイズを換算)。コンパクトなFRという価値は、しっかりと継承されていることが分かる。

 プラットフォームは、現行型のキャリーオーバーとなるが、SGP(スバルグローバルプラットフォーム)開発のノウハウが活用されており、インナーフレーム構造や構造接着剤などの採用。その結果、フロント横曲げ剛性を約60%、ねじり剛性を約50%も強化されているという。

 また、軽量化のために、ルーフ、フロントフェンダー、ボンネットをアルミ化している。これは重量増の抑制に加え、前後左右の重量バランスの最適化を狙ったものだ。その成果は、ステアリングの応答性を高め、より軽快な動きを実現。さらに旋回時のトランクション性能も向上されているというから楽しみだ。

次ページは : 注目の心臓部は2.4Lの水平対向エンジンに刷新

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ