新型エクストレイルはe-POWERで登場確実! 姉妹車キャシュカイに搭載で現実味

 新型エクストレイルにも、e-POWER搭載か――。

 2020年11月13日、欧州日産は、来年2021年に発売が予定されている新型キャシュカイに関する情報をリリース、そのなかで、新型キャシュカイにe-POWERが搭載されることが明らかとなった。

 3代目となる現行型キャシュカイは、北米市場では「ローグスポーツ」という名で販売されているクルマだ。

 キャシュカイ(北米名:ローグスポーツ)とエクストレイル(同:ローグ)は、装備面や内外装デザインに若干の違いはあるものの、共通のプラットフォームを使用しており、新型キャシュカイにe-POWERが搭載されることで、日本仕様の新型エクストレイルにも、e-POWERが搭載される可能性が、かなり高まった。

 今回は、新型キャシュカイのe-POWERに関するリリースを見ながら、そこから推定する「新型エクストレイルの姿」について、考察していこうと思う。

文/吉川賢一、写真/NISSAN、TOYOTA

【画像ギャラリー】2021年発売予定のe-POWER搭載・新型キャシュカイと新型ローグを見る


新型エクストレイルは第2世代e-POWERで勝負

欧州日産が公開した、3代目となる新型キャシュカイのティザー画像。全長は新型ローグよりも短いが、フロントマスクは新型ローグに近い、2本のLEDヘッドライトがあるように見える

 欧州日産のキャシュカイは、2007年の初代モデルと、2014年の2代目モデルを合わせ、欧州で通算300万台以上が販売されており、欧州コンパクトSUVカテゴリにて、日産の名を一躍広めた功績を持つ重要なブランドだ。

新型キャシュカイ プロトタイプのテスト走行の様子が発表された。新型ノートに搭載予定の第2世代e-POWERが搭載されるだろう

 今回の新型キャシュカイのe-POWERに関して、発電用エンジンの排気量や、モーターサイズなど、スペックに関する発表はないものの、先日公開された新型ノートに搭載される「第2世代のe-POWER」が採用されるのは間違いないだろう。

 そして、2021年登場とされている新型エクストレイルも、同様のシステムが採用されるのは間違いない。

 第2世代e-POWERは、1.2Lのエンジン排気量は維持し、小型化・軽量化を実現しながらも、モーター出力を10%以上アップ(最大トルクは254Nmから280Nm、最大出力は6%UPで、80kWから85kWに)。発進加速シーンでは、第1世代e-POWERを凌ぐレスポンスを実現している。

新型エクストレイルはe-POWER専売の可能性も

 新型ノートの燃費は、WLTCモード燃費29.5km/L(市街地29.9、郊外32.6、高速27.6)だが、新型キャシュカイ、そして新型エクストレイルはノートよりも質量が重たくなるぶん、これよりも燃費は落ちる。

 しかし、e-POWERが第2世代となり、高効率となったことによって、現行型に比べて、はるかに低燃費を実現できるはずであり、だからこそ今回、新型キャシュカイへのe-POWER搭載となったのだろう。

2020年10月下旬より北米で発売開始した新型ローグが、現時点でも2.5リッター4気筒ガソリンエンジンのみなのは、e-POWER 4WDを日本で世界初発表するための布石?

 欧州市場で販売される新型キャシュカイでは、欧州特有のハイスピード領域での燃費が気になるところではあるが、動力用バッテリーのサイズを増やして、EV走行比率を上げるなど、対策はある。

 なお、新型キャシュカイには、現行型にあるマイルドハイブリッド付の1.3Lガソリンエンジン(現行型は140PSと 160 PSの2種類)も、大幅改良されて、引き続き設定される。

 欧州では根強い人気がある、マニュアルトランスミッションで乗りたいユーザーに向けて残すのだろうが、AT比率95%以上の日本市場では、そうした需要はほぼ期待ができないため、新型エクストレイルは、日本ではe-POWER一本でいく戦略となる、と考えられる。

大幅パワーアップで電動車ならではの4WD制御は期待大!!

2020年12月23日に発売する新型ノートe-POWER。先に2WD、2021年2月には4WDを販売予定

 新型ノートは、2021年2月に4WDが追加される予定だ。日産が「e-POWER 4WD」と呼ぶ新型の4WDシステムは、4輪すべてを強力なモーターで駆動する本格電動4WDであり、新型キャシュカイにも、新型エクストレイルにも、おそらく同じシステムが搭載される。

 新型ノートの場合、リアに50kWのモーター(旧型ノート4WDのリアは3.5kWなので、なんと14倍もの容量アップ)を積むことになり、フロントモーターの出力と合わせれば、135kW級(最大出力180PS、最大トルクは400Nm近いと推定)となり、エクストレイルの4WD級の車重(約1.6トン)であっても、相当な速さを得ることになる。

 北米市場で10月からすでに発売されている新型ローグは、2.5Lの4気筒ガソリンエンジン(181ps/245Nm)のみの販売だ。

 しかし、日産は、2020年5月に2019年度決算/事業構造改革計画の場で発表した構造改革プラン「NISSAN NEXT」の中で、「新技術は日本市場から投入する」と発表している。

 これは日本市場に花を持たせるための戦略で、おそらくローグにもe-POWER車は順次追加されると思われる。

最上級グレードにはPHEVのラインナップも期待

e-POWER専売車として、2020年6月に販売開始した新型キックス

 キックス、そして新型ノートが、すべてe-POWERとなったように、特別な理由がなければ、日本仕様の新型エクストレイルも純ガソリン仕様を作らずに、全グレード電動車となるだろう。

 技術的な希望としては、VCR(可変圧縮比)で、最も美味しい圧縮比にコントロールし、発電効率を上げるような「ミドルクラス向けの第2世代e-POWER」があってほしい。

 そして、最上級モデルには「プラグインハイブリッド(PHEV)」を期待する。協業関係にある日産と三菱が、新型エクストレイルと新型アウトランダーで、PHEVシステムを共有できれば、開発費や量産コストの面でも、両者にとって大きなメリットとなる。

現在、RAV4 PHVの受注受付は、年度内のバッテリー生産状況により、一時中止している。(バッテリー総電力量18.1kWh、EV走行距離95km)

 RAV4 PHVは、バッテリー総電力量18.1kWh、EV走行距離は95kmと、アウトランダーPHEVを完全に上回ってきた(アウトランダーPHEVは総電力量13.8kWh、EV走行距離は65km)。

 しかし、バッテリーの量産技術から中古バッテリーのライフサイクルまで、2社の知識と経験をかけ合わせれば、RAV4 PHVを越え、史上最高のPHEVシステムを構築できるはずだ。

 筆者の予想は、総電力量20kWhでEV航続距離「100km」だ。ベンチマーキングを好む日産であれば、きっとこの数字にしてくるだろう。

 新型ノートでは、期待を大きく超えるものをみせてくれた、日産。新型エクストレイルでも、その仕事ぶりを、大いに期待している。

【画像ギャラリー】2021年発売予定のe-POWER搭載・新型キャシュカイと新型ローグを見る

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】新型WRX S4 今秋登場確定情報入手! |ベストカー2月26日号

 ベストカー2月26日号が、本日発売。 巻頭を飾るスクープは、今秋登場するスバルの新型WRX S4です!   現行型が1月24日に受注終了となったことで、新型はどうなってるのか不安に思っておられるかもしれませんが、ご安心ください。ベストカー…

カタログ