ついに復活へ!! アリア、エクストレイル…2021年に出る日産全新車情報!!

ついに復活へ!! アリア、エクストレイル…2021年に出る日産全新車情報!!

 キックス、新型ノートは序章。2021年は日産の新車攻勢がいよいよ本格化!

 2020年も早いもので残り1か月を切った。これまで平均車齢の長さを指摘されてきた日産だったが、今年は軽自動車の新型ルークスを投入したほか、登録車でも小型SUVの新型キックスを投入。さらに年末12月23日には新型ノートが発売予定だ。

 しかし、新車攻勢が本格化するのは来年2021年。目玉となる人気SUV「新型エクストレイル」のほか、多数の新規モデル・フルモデルチェンジ・マイナーチェンジモデルの投入が予定されている。

文/遠藤徹、写真/日産、三菱、奥隅圭之

【画像ギャラリー】2021年に登場する日産アリアと東京モーターショー2019で世界初公開されたIMkをみる


アリア&軽EVの大小電動モデルで新車攻勢

 2021年に登場する日産の新型車はまったくの新顔だと電気自動車「アリア」と軽自動車ベースのスモールEV、フルモデルチェンジはエクストレイル、マイナーチェンジはセレナ、マーチ、デイズなどが予想される。

このほかノートベースのコンパクトスライドドア車の開発も進められているようだが、こちらは2021年ではなく、2022年辺りに先送りされる可能性がある。

2020年7月に発表された日産クロスオーバーEV、新型アリア。航続距離は最大610km(2WD車/90kWhバッテリー搭載車)
2020年7月に発表された日産クロスオーバーEV、新型アリア。航続距離は最大610km(2WD車/90kWhバッテリー搭載車)

 新型アリアは今夏に発表になっており、発売は2021年6月下旬頃が予想される。東京モーターショー2019で参考出品したプロトタイプの市販バージョンである。

 Cセグメントの電動SUVで新開発ツインモーターの電動駆動4輪制御システムを採用する。4WDおよびシャシー制御技術を総合的にコントロールするのが売り。

 ツインモーターは最大トルク680Nmを発揮する高性能ユニットを搭載し発進、制動、スラローム、ぬれた路面でのハンドリングなどで安定した走りを実現している。

 室内はEVならではのフラットフロアで広い室内と荷物の積載性の良さにも配慮している。充電後の航続距離はリーフなみの450km以上を達成していると思われる。車両本体価格は500万~600万円程度の設定となる見込みである。

東京モーターショー2019で世界初公開された軽EV、IMk。プロパイロット2.0を進化させた次世代運転技術を搭載予定
東京モーターショー2019で世界初公開された軽EV、IMk。プロパイロット2.0を進化させた次世代運転技術を搭載予定

 軽自動車ベースの電気自動車は三菱自動車との共同開発車。三菱ブランドは「i-MiEV」の後継モデルとなる。デイズ/eKワゴンのプラットフォームを使い仕立てるといわれる。充電後の航続距離は200km以上を目標に開発を進めているようだ。

 車両本体価格は300万円前後を設定する見込み。2021年中盤に発表するが発売は年末あたりになりそうだ。

次ページは : 目玉の新型エクストレイルは来秋投入で調整

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します