名門終焉! 2021年3月末でプレミオ/アリオン13年半の歴史に終幕 次期型はある? ない??


 2020年11月20日、中国「広州モーターショー」で、トヨタの現地合弁会社の一汽トヨタが新型アリオンを発表した。

 日本におけるアリオンといえば、プレミオの兄弟車で、カローラの上級車種にあたるモデル。2007年6月の登場以来、約13年半を経過したセダンである。

 現在はトヨタ車全店で販売されているが、統合前はアリオンがトヨタ店、プレミオがトヨペット店で販売。カリーナとコロナの後継モデルで姉妹車として登場した。1957年に発売されたコロナから数えると約62年の歴史を持つ伝統のセダンだ。

 一方、中国で発表された新型アリオンは、日本のプレミオ/アリオンとはまったく関係のないモデルで、中国でのラインナップではカローラの上級車種にあたる。

 そんななか、2020年12月1日、突如、トヨタのプレミオ/アリオンの公式ホームページに以下のような案内がひっそりと掲載された。

 「プレミオ・アリオン・プリウスαについて2021年3月末をもって生産終了いたします。長い間たくさんのお客様に愛顧いただきました。誠にありがとうございました」(一部抜粋)。

 なんとプレミオ/アリオンが2021年3月末をもって生産終了するというのだ。そこで、現行プレミオ/アリオンの生産終了が正式にアナウンスされた今、はたして次期プレミオ/アリオンはどうなるのか、流通ジャーナリストの遠藤徹氏が解説する。


文/遠藤徹
写真/トヨタ ベストカー編集部

【画像ギャラリー】新型アリオンと13年半で生産終了となる現行プレミオ/アリオンの未公開ショット!


公式ホームページで2021年3月末の生産終了を掲載

トヨタの公式ホームページに掲載されている内容。そのほか、ポルテ/スペイドも2020年12月上旬に生産終了とホームページに書かれている
現行型プレミオ。2001年にコロナプレミオのあとを受け、初代プレミオが誕生。現行型は2007年に登場した2代目モデルとなる。2016年のマイナーチェンジでエクステリアの重厚感が増した
現行型アリオン。全長4590×全幅1695×全高1475mmと5ナンバーサイズを守る。発売から9年目となる2016年のマイナーチェンジで、より高級感のあるデザインに変更された

 ついにトヨタは、正式に現行モデルのプレミオ/アリオン生産終了をホームページ上で発表した。実は、現行プレミオ/アリオンは2020年春から受注生産となっており、私の予想では2021年中にカローラセダンと統合するのではないかとみていた。

 すでに各販売店では2020年11月29日をもってオーダー受付がストップしており、この受付ぶんの生産が2021年3月31日をもって終了することになる。

2020年11月20日、中国・広州モーターショーで発表された一汽トヨタの新型アリオン。正式発売は2021年上半期
新型アリオンと同時に発表された兄弟車、広汽トヨタのレビンGT(凛尚=リンシャン)

 2020年11月20日から開幕した中国・広州モーターショーでは、新型アリオンが発表され、12月1日に日本でのプレミオ/アリオンの生産終了発表というタイミングだったので、新型アリオンが日本でのプレミオ/アリオンの後継車として販売されるのではないかと思った人も多いはずだ。

 ところが実際はすんなりと事が運びそうもないことが判明した。中国市場はセダン市場が健在で日本勢のトヨタ、日産、ホンダ、ドイツ勢のベンツ、BMW、VWが同じセグメントで激しくシェア争いを演じている。

 日産には中国で年間40万台も売る人気モデル、シルフィがあり、ホンダにはシビックセダンがある。

 トヨタにはカローラとアバロンがあるが、シルフィに相当するセダンが存在しない。そこで対抗できる新型アリオンを開発し投入することになったようだ。

 新型アリオンはグローバルモデルであるカローラセダンのホイールベースを50mm延長し、2750mmとして新開発のプラットフォームを設定して仕立てている。

 エクステリアデザインはカローラセダンをベースにサイズアップし、フロントマスクは現行国内仕様のシンプルでおとなしい顔立ちから、押し出しの強いワイルド感を強調したようなデザインを採用している。全長が長くなったことで、後部座席の空間を広くとっている。

 はたして、中国で発表された新型アリオンは日本でも販売されるのか? さっそく、首都圏のトヨタ販売店営業担当者に聞いた。

 「メーカーからは現行車のオーダーストップの連絡が来ているだけで、その後の展開は何も伝えられていない。2021年にアリオン/プレミオの後継モデルを投入するというのであれば、これまでの例だと何らかの動きがあるはず」とコメント。

日本のセダン市場を考えると現行モデルで終了か

新型カローラセダンとツーリング、カローラスポーツ。一番売れているのはカローラツーリングだ
カローラアクシオ、フィールダーは新型カローラが発売された後も継続販売されている

 トヨタの現在における国内のセダンラインナップは、継続販売されている5ナンバーサイズのカローラアクシオ、フルモデルチェンジして3ナンバーボディとなった現行カローラ、ミドルセダンのカムリ、そして生産終了(非公式)が伝えられたクラウンがある。

 カローラアクシオが2019年9月の新型カローラのフルモデルチェンジ時に継続生産モデルとして1.5Lモデルのみを残したのは、法人の業務用やレンタカーとしての需要が存在するためだった。

 当初は1年に限定し、その後は廃止して現行3ナンバーのカローラに引き継ぐとしていたが、現在でもまだ細々と継続販売している。

 一方、3ナンバーサイズに拡大した現行のカローラセダンはあまり売れていない。5ナンバーセダンのアクシオが1~10月で9490台、カローラセダンが1万3670台と、カローラセダンがアクシオを4180台上回っているものの、旧型であるアクシオがこれほど健闘しているのは凄いことだ。

 ステーションワゴンのツーリングや5ドアハッチバックのスポーツは良く売れており、シリーズ全体のリード役を果たしている。

 3ナンバーのカローラセダンが法人の業務用やレンタカー用などで浸透すれば、5ナンバーのアクシオは役目を終えて生産終了となるはずだが、まだその期待が見込めず継続せざるを得ないのはまだまだ需要があると見込んでいるということだ。

 現行プレミオ/アリオンの販売台数を見ると、直近の2020年10月/2020年1~10月は、プレミオが270台/4766台、アリオンが155台/2142台。前年と比べるとどちらも半減状態にある。


■2020年10月と2020年1~10月の販売台数
●プレミオ:10月270台/1~10月4766台
●アリオン:10月155台/1~10月2142台
■カローラアクシオ:10月960台、1~10月9490台
■カローラフィールダー:10月1300台、1~10月1万2000台
■カローラセダン:10月1280台、1~10月1万3670台
■カローラツーリング:10月4970台、1~10月4万2910台
■カローラスポーツ:10月1370台、1~10月1万1940台

 当初、現行プレミオ/アリオンは1.5L、1.8L、2Lの3ユニットを搭載していたが、2020年9月には2Lモデルが先行して生産中止になった。

 2020年4月まではアリオンがトヨタ店、プレミオがトヨペット店の専売だったが、ゴールデンウィーク明けから両モデルともカローラ店、ネッツ店も加わり。全トヨタ系列店が扱うようになった。おもしろいことに販売力が約2倍になったのに両モデルの販売台数は増えるどころか減っているのである。

 なぜ販売店の営業関係者はプレミオ/アリオンを積極的に売ろうとしないのか? トヨタの販売店担当者に聞いた。

 1/モデルが古く商品力が落ちているうえにハイブリッドを搭載していない。

 2/安全・安心パッケージのトヨタセーフティセンスもほかのモデルよりも性能が劣る装備なので薦めにくい。

 3/プレミオ/アリオンを売るのだったら、新しく商品力の高い新型カローラセダンを薦めるケースが多くなるので、余計にアリオン/プレミオの売れ行きが悪くなる。

 といった具合だ。こういった理由でモデル廃止につながったともいえそうだ。

次ページは : 中国で発表された新型アリオンを日本でそのまま発売しないのか?

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ