【セレナe-POWER、ジムニー、クラウン…】2018年大物新車登場スケジュール一挙公開!!  


 2018年にも多くの新車発表発売が予定されています。

 ここでは本誌ベストカーが取材で掴んだ新型車登場スケジュールを一挙12台、ご紹介いたします(現時点で当誌がつかんでいる最新の情報をお届けしますが、登場時期のズレやデザインが不確定な面もありますので、ご留意ください)。

文:ベストカー編集部
ベストカー2018年1月26日号「2018年新車スクープカレンダー」より


■日産セレナE-POWER 3月発売

 ノートで人気のe-POWERを搭載するセレナの登場は2018年3月頃となる(少なくとも昨秋の東京モーターショーでは公式にそう説明していたが、その後に発覚した完成車試験問題で若干ズレる可能性も指摘されている)。

 ノートと同じ1.2Lエンジンを発電専用に使い、駆動はモーターだけで行うシステムのシリーズハイブリッドで、モーターはボディサイズが大きく重たいセレナに合わせて出力を向上。

 最大トルクはノートe-POWERが25.9kgmだが、セレナでは30.0kgmに近づく見込み。燃費は、現在クラス最高のステップワゴンハイブリッドの25.0km/Lを超えるのは確実だろう。

 また、セレナe-POWERは通常のセレナが8人乗りなのに対して、7人乗りとなる。ボディタイプは標準とハイウェイスターの両方に設定。

 発売と同時に走行性能を高めた「オーテック」も設定される見込み。

■三菱エクリプスクロス 3月発売

 三菱自動車期待のニューモデルがエクリプスクロス。すでに欧州向けの出荷が始まっており、日本国内では3月に市販開始の予定だ。

 基本プラットフォームはアウトランダーやRVRなどと共通だが、ルーフラインを大きくラウンドさせたフォルムはグッとスタイリッシュ。全長4405mm、全幅1805mm、全高1685mmというボディサイズとなる。

 搭載されるエンジンは、新開発された直4、1.5Lの直噴ターボで最高出力163ps、最大トルク25.5kgmを発揮する。

 ディーゼルターボは一年後に登場予定。全国の三菱ディーラーではすでに予約を受け付けており、価格は約260万円〜310万円。三菱は4年ぶりの新型車発売となる。

次ページは : ■日産ジューク 4〜6月頃発売