【GT-R、GRスーパースポーツ…】出るや!? 出ざるや!? 超大物新車の開発情報


 各自動車メーカーには、通常の新車スケジュールには乗らないフラッグシップスポーツモデルというものが存在する。

 ブランド力を誇示するものだったり、開発力の維持だったり、モータースポーツからのフィードバックの受け皿だったりと、事情はさまざまだが、継続生産モデルではないため、開発スケジュール(市販予定時期)が掴みづらく、しかも世相の影響で開発が凍結されたりもする。

 本企画ではそんな、各メーカーのフラッグシップスポーツカーたちの現時点での開発情報をお伝えします。

文:ベストカー編集部
ベストカー2018年1月26日号「2018年には出ない気になるクルマたち」


■三菱e-EVOLUTION 2020年頃登場

リアに新開発の「デュアルモーターAYC」を搭載し、どんな走行状況下でも安全で快適なドライビングを実現するという三菱e-EVOLUTION CONCEPT
リアに新開発の「デュアルモーターAYC」を搭載し、どんな走行状況下でも安全で快適なドライビングを実現するという三菱e-EVOLUTION CONCEPT

 まずは昨秋の東京モーターショー2017に出展された「三菱 e-EVOLUTION CONCEPT」。ショーではいかにもコンセプトカー然とした外観だったが、市販化に向けた開発は実際に進んでいる。

 フロントに1機、リアに2機のモーターを搭載する4WDシステムは、技術的に挑戦する価値のあるものであり、EV戦略は(実質的に三菱の親会社となった)ルノー日産も熱心に進めるところであるため、開発環境は良好。

 既存のアウトランダーや次期パジェロのプラットフォームへ搭載するプランも検討されたが、新規にプラットフォームを開発しているとの情報があり、2020年には市販型が姿を見せる可能性が高い。

■ホンダS1000 登場時期不明

市販型にも外観のデザインエッセンスは生かされるという。下はホンダのS1000。ボディの拡幅によりトレッドも拡大され、走行安定性は大きく向上するとみられている
市販型にも外観のデザインエッセンスは生かされるという。下はホンダのS1000。ボディの拡幅によりトレッドも拡大され、走行安定性は大きく向上するとみられている

 続いてはホンダのS1000。

 現在市販している軽自動車のS660をベースにワイドボディ化したスポーツモデルの情報は、本誌ベストカーもかねてから追い続けているが、正直なかなか進捗状況がつかみづらい。

 直3、1Lターボを搭載するか、S660のエンジンを100ps以上にさせるか、ふたつの方法が考えられているというが、トヨタがコペンをベースに1Lターボを搭載したスポーツを考えていることもあるため、1Lターボを選択してくる可能性が高まった。

次ページは : ■日産次期GT-R 2022年頃か