ホンダらしい走りのSUV誕生!? アキュラの新型「MDX」が世界初お披露目!!

ホンダらしい走りのSUV誕生!? アキュラの新型「MDX」が世界初お披露目!!

 ホンダの海外向けプレミアムカーブランド「アキュラ」が、新型アキュラ「MDX」(Acura MDX)の市販モデルを2020年12月9日、ワールドプレミアした。

 現在のところ日本ではお目にかかれないモデルではあるが、ホンダの次代のデザインテーマも盛り込まれており、そのほかの技術についても日本に投入されるであろうモデルに反映される可能性があるのではないだろうか?

 そこで今回は、発表された「MDX」とはどのようなクルマなのか? また、日本にも将来的に導入されるモデルに活かされる技術があるかチェックしていきたい。

文/大音安弘
写真/Acura、CG/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】その次世代デザインがカッコいい! スタイリッシュなクーペSUV「MDX」の全貌を徹底チェック!!


■美しく進化したフラッグシップクーペSUV

 ホンダのプレミアムカーブランド「アキュラ」は、2020年12月9日、オンラインにて、フラッグシップSUV「MDX」の最新型モデルを発表した。発売開始は、2021年2月2日の予定だ。価格は、4万6900~6万650ドル、日本円で、約484万7000~約626万8000円(※1ドル=103.34円換算)となる。

7年ぶりにフルモデルチェンジしたアキュラ「MDX」。アキュラの次世代デザインが盛り込まれており、旗艦車としての風格を感じさせる
7年ぶりにフルモデルチェンジしたアキュラ「MDX」。アキュラの次世代デザインが盛り込まれており、旗艦車としての風格を感じさせる

 第4世代となる新型は、7年ぶりのフルモデルチェンジということもあり、プラットフォームを含め、全面的な刷新を図ったオールニューモデルだ。アキュラSUVの最上級車であることから、従来型は重厚さを前面に押し出したデザインであったが、同時にアキュラらしいスポーティな仕様も用意されていた。新型では、最新SUVに求められるスポーティさを前面に押し出したシャープなスタイリングとSUVらしいタフさを強調し、若返りを図ったようだ。

 ボディサイズは、全長5039×全幅1999×全高1704mmと大きい。従来型よりも前後にワイドとなったが、逆に全高は少し抑えられた。デザインだけでなく、寸法でもワイド&ローのスタンスが強調されている。デザイン面では、流麗なルーフラインとクーペライクな傾斜を持つリアテールウィンドウ、そしてロングノーズスタイルとすることで、流行のクーペSUV的な要素も盛り込まれている。

流麗なルーフラインとクーペライクな傾斜を持つリアテールウィンドウ、そしてロングノーズスタイルとすることで、流行のクーペSUV的な要素も盛り込まれた
流麗なルーフラインとクーペライクな傾斜を持つリアテールウィンドウ、そしてロングノーズスタイルとすることで、流行のクーペSUV的な要素も盛り込まれた

 特徴的なフロントマスクには、ホンダのフラッグシップサルーン「レジェンド」でもお馴染みのダイヤモンドペンタゴングリルを装備。ヘッドライトは、進化したジュエルアイLEDを備わっている。フロント比べ、リアビューはシャープなデザインで、すっきりとした仕上げ。これは流麗となったリアセクションのデザインを強調するための工夫だろう。

 インテリアは、かなりゴージャスだ。彫刻を彷彿させる立体的なデザインのダッシュボードは、ゆとりある空間を演出する。そのボリューミーなセンターコンソールには、シフトボタンやドライブモード、インフォテイメントシステムの操作パネルなどを集約。ただ立体的かつ抑揚のあるデザインなので、わかりやすく使いやすい配置となっているようだ。

ゴージャスさを感じさせるインテリア。情熱的な赤をメインとしたものだけでなく、落ち着いたブラウンとホワイトの設定もある
ゴージャスさを感じさせるインテリア。情熱的な赤をメインとしたものだけでなく、落ち着いたブラウンとホワイトの設定もある

 中央には、12.3インチのワイドディスプレイが備わり、ナビゲーションやスマホリンクなどのさまざまな情報を表示。メーターパネルもデジタル式が標準で、インフォテイメントシステムともリンクさせ、視線移動を最小に抑える。

 オーディオシステムも凝っており、3タイプを用意。最高位のELS STUDIO3Dプレミアムオーディオシステムは、16スピーカーと710Wの出力を備えるもので、8回のグラミー賞を受賞した音楽プロデューサー兼サウンドエンジニアであるエリオット・シャイナーがチューニングを担当したという。

 シートレイアウトは、7人乗り3列シートが標準。ホイールベースの拡大により後席側のスペースを拡大。セカンドシートの使い勝手を高めるべく、2列目中央シートは着脱式で、キャプテンシート仕様にも変更可能。この仕様だと後席のアクセスも2列目シートを倒さずに行うことができる仕掛けだ。

シートレイアウトは、7人乗り3列シートが標準。2列目中央シートは着脱式で、キャプテンシート仕様にも変更可能だ
シートレイアウトは、7人乗り3列シートが標準。2列目中央シートは着脱式で、キャプテンシート仕様にも変更可能だ

次ページは : ■スポーティなSUVのDNAは活かされる! こだわった走りの進化

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ