CX-5改良&ミライース新グレード&販売終了車たち 販売現場からの「生」情報


 自ら自動車ディーラーを周り、「生」の新車情報を届けてくれる流通ジャーナリストの遠藤徹氏。今回も販売現場でキャッチした新鮮な情報をたくさん届けてくれました!

 まずは大人気車マツダCX-5の年次改良ニュースから。

文:遠藤徹
ベストカー2018年1月26日号「遠藤徹の地獄耳スクープ」


■マツダCX-5を2018年2月中旬に年次改良

 マツダはミディアムSUV「CX-5」を2018年2月中旬にも年次改良する、と全国のディーラーに通知しました。今回は、ディーゼル、ガソリン両エンジンの静粛性向上と360度ビューモニターの標準装備車設定が主な改良ポイント。

 CX-5は2017年10月から増産態勢に入っており、これまで抱えていた多数のバックオーダーを消化しつつあることから、昨年10月以降はアクセラやデミオを抜いて、マツダのトップセラーモデルに浮上しています。

 昨年11月にはデミオも年次改良を実施しており(安全装備の拡大)、今後はこの両モデルがマツダ車全体の売れゆきをリードすることになりそうです。

■新型クロスオーバー「クロスビー」がヒットの予感

 12月25日に発表、発売した新型クロスオーバーSUV「クロスビー」がヒットしています。昨年12月上旬に事前予約をスタートさせているのですが、その発売前での成約数や問い合わせの数が従来の小型車を大幅に上回る反響となっているのです。

スズキクロスビー
スズキクロスビー

 これまでだと成約の申込みを終えた時点でおおよその納期が提示されるのですが、それが今回は台数が多いために明確にできない状況です。グレードは標準のMXと上級のMZの2タイプを設定しており、滑り出しの引き合いはMZの2トーンカラーに集中する傾向があります。

 スズキにとっては小型車でソリオ、スイフトと並び第3の主軸モデルとなる可能性もあります。

次ページは : ■ミライースはスポーツモデル&マニュアル車設定でアルトシリーズに対抗